今年秋開催の第5回札幌国際短編映画祭、オンラインエントリーで3月末まで作品を募集中

第5回札幌国際短編映画祭の作品募集が、3月31日までオンラインエントリーにて受付中だ。

同イベントは、海外のフェスティバルとのネットワーク作りを通して、北海道の映像作家の育成や、マーケットの併設による映像コンテンツの流通開発などを目的に開催されている映画祭。今年は10月6日から11日の6日間、札幌にて開催される予定。世界中から実写、アニメーションのジャンルに限定されない秀作が一堂に会する。

作品は期間中オンラインで誰でも応募ができ、その方法は2パターンに分かれる。まず、一般的な応募スタイルで、1作品ごとに応募する「作品部門」。そして、同じ監督やグループによる作品をまとめて応募できる「フィルムメーカー部門」だ。昨年の審査員には、映画監督の石井聰亙や、べルリン国際映画祭短編部門キュレーターのマイケ・ミア・ヘーネ、韓国の女優ムン・ソリなど多彩なメンバーが揃った。今年も世界中からバラエティに富んだ審査員が集まる予定で、自作の力量を問う格好のチャンスとなっている。

なお、本映画祭のメインビジュアルも、公募によって決定される。こちらは北海道在住および北海道出身者であればプロアマ問わず誰でも応募でき、グランプリ作品には賞金も出るので、ぜひトライしてみたいところだ。

『第5回札幌国際短編映画祭』オンライン作品募集

2010年1月15日(金)~3月31日(水)

「作品部門」(一般的な応募スタイルで、1作品毎に応募するもの)

ジャンル:不問
作品の長さ:30分以内
完成年:2009年1月1日以降

「フィルムメーカー部門」(同じ監督やグループによる作品をまとめて応募するもの)

ジャンル:不問
作品の長さ:各作品30分以内、全体で45分以内
作品数:3本以上、15本以内
完成年:不問

作品部門については、2009年1月以降に完成した最新の短編作品を受付

映画祭の開催は2010年10月6日(水)~11日(月・祝)
会場:東宝プラザ(札幌市内狸小路5丁目)他、市内中心部(予定)

(画像上:『第4回札幌国際短編映画祭』作品部門グランプリ『ヴァーミンツ』マルク・クレステ、画像中:『第4回札幌国際短編映画祭』最優秀監督賞『2 Birds』ルナー・ルナーソン(アイスランド) 、画像下:昨年の会場風景)

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 今年秋開催の第5回札幌国際短編映画祭、オンラインエントリーで3月末まで作品を募集中

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて