人喰い映画ばかりを集めた初の書籍『人喰い映画祭【満腹版】』が刊行

人間が何物かに喰われる映画ばかりを紹介する書籍『人喰い映画祭【満腹版】~腹八分目じゃ物足りない人のためのモンスター映画ガイド~』が6月30日に刊行された。

著者はゲームデザイナー・収集家のとみさわ昭仁。自身のブログで書き溜めた人喰い映画のレビューを昨年12月に自費出版して好評を博し、ついに正式出版の運びとなったという。

本書では、ムシ編、コング編、地球外生命体編など、全13章に分けて人喰い映画300本を紹介。それぞれの作品には「殿方へのサービスシーンがある」「多種類の生物が襲ってくる」など、その特徴が直感的に理解できるアイコンが付けられており、好みの人喰い映画を簡単に探すことができる。合間には人喰い映画に関するコラムが挟まれ、作品ガイドとしても読み物としても楽しめる一冊に仕上がっている。

7月3日には本書の発売を記念し、カバーイラストを手がけたマンガ家・イラストレーターの寺田克也(漫画家)、特殊翻訳家で殺人や映画に詳しい柳下毅一郎(映画評論家)らをまじえてトークショーを行う予定だ。

『人喰い映画祭【満腹版】~腹八分目じゃ物足りない人のためのモンスター映画ガイド~』

2010年6月30日発売
著者:とみさわ昭仁
価格:1,200円(税抜)
発行:辰巳出版株式会社

amazonで購入する

『人喰い映画祭・満腹版』発売記念トークライブ~試食コーナーで腹八分目~

2010年7月3日(土)OPEN 12:00 / START 13:00(15:30終了予定)
会場:新宿ロフトプラスワン
出演:
とみさわ昭仁
寺田克也
柳下毅一郎
とり・みき

料金:前売1,500円 当日2,000円(共に飲食別)
※『人喰い映画祭・満腹版』を持参または当日販売ブースにて購入すれば500円オフ

  • HOME
  • Book
  • 人喰い映画ばかりを集めた初の書籍『人喰い映画祭【満腹版】』が刊行

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて