現代の農業に新風を与えた男と家族の奇跡的な半生、舞台『りんご 木村秋則物語』

誰もが不可能だと思っていたりんごの無農薬栽培に成功した男の生き様を舞台化した『りんご 木村秋則物語』が、11月5日から全国各地で上演される。

同作は、除草剤、農薬、肥料を使わないりんごの栽培で現代の農業に新風を与え、その過程を追った書籍で大きな話題を呼んだ木村秋則と、その家族の半生をダイナミックに舞台化。農薬によって健康を蝕まれていく現実に疑問を抱き、希望をもってはじめた農法だったが、失敗を繰り返し実に10年近い無収穫時代を経た木村と、それを支えた家族の苦悩と葛藤の道程を描いていく。

木村をV6の長野博、妻ミチコを佐藤江梨子が演じ、他にも浅野和之、大鷹明良ら日本演劇人の実力派が名を連ねる。演出は、ストレートプレイを始め幅広いジャンルで活躍する栗山民也が手掛けており、自然、食はもちろんのこと、家族の大切さに改めて気づかせてくれる物語となっている。

公演は、東京・テアトル銀座を皮切りに全6都市をまわる。詳しいスケジュールはオフィシャルサイトをチェックしてほしい。

『りんご 木村秋則物語』

作:藤井清美
演出:栗山民也

キャスト:
長野博
佐藤江梨子

大鷹明良
梅沢昌代

尾上紫
木村靖司
合田雅吏

浅野和之

東京公演

2010年11月5日(金)~11月14日(日)
会場:東京都 ル テアトル銀座
料金:8,500円(全席指定)

兵庫公演

2010年11月20日(土)~11月23日(火)
会場:兵庫県 兵庫県立芸術文化センター
料金:A席8,500円 B席7,500円(全席指定)

  • HOME
  • Stage
  • 現代の農業に新風を与えた男と家族の奇跡的な半生、舞台『りんご 木村秋則物語』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて