ニュース

国内外の作家7名による独自の現代を表現した『アーティスト・ファイル2010』

国内外で今もっとも注目すべき活動を展開している作家たちを選抜し、紹介する展覧会『アーティスト・ファイル2010――現代の作家たち』が今年も国立新美術館で開催される。

毎回特別なテーマを設けることなく表現メディアや年齢の制限をもたない同展覧会は、2008年にスタートし、今回で3回目を迎える。30歳代前半の新進作家から50歳代後半のベテラン作家まで、幅広い世代の国内外計7名の作家を取り上げ、絵画、映像、立体などさまざまな表現やテーマを紹介。それぞれの多様性や複雑さから、時代のリアリティーというべきものを浮かび上がらせることを目的としている。

同展は、各作家が独自の視点で切り取った「現代」をファイリングした大きなキャビネットにも例えることができ、ファイルを次々と手に取るように7人の個展を巡りながら、それぞれの「現代」を楽しむことができるだろう。

なお、会期中は「アーティスト・トーク」も開催される。

CINRA.NETでは、本展覧会の招待券を10組20名様にプレゼントします!

※プレゼントの応募受付は終了いたしました。
お問い合わせページのメールフォームから、件名に「アーティスト・ファイル2010招待券応募」と記入し、お問い合わせ内容欄にご住所をお書き添えの上、お送りください。当選は、招待券の発送をもって替えさせていただきます(なお、ご応募いただいたメールアドレス宛に CINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2010年3月3日)。

『アーティスト・ファイル2010――現代の作家たち』

2010年3月3日(水)~5月5日(水・祝)
会場:国立新美術館 企画展示室2E
時間:10:00~18:00(金曜日は20:00まで、入場は閉館の30分前まで、3月27日は『六本木アートナイト2010』開催にともない22:00まで開館)

出展作家:
福田尚代
石田尚志
桑久保徹
アーノウト・ミック
南野馨
O JUN
斎藤ちさと

休館日:毎週火曜日(ただし5月4日(火)は開館)
料金:一般1,000円 大学生500円
※3月27日(土)は『六本木アートナイト2010』開催にともない無料

関連イベント

『アーティスト・トーク』

2010年3月5日(金)19:00~20:00
出演:アーノウト・ミック

2010年3月21日(日)14:00~15:00
出演:桑久保 徹

2010年3月27日(土)19:00~20:30
出演:南野 馨、O JUN

2010年4月3日(土)14:00~15:00
出演:福田尚代

2010年4月10日(土)14:00~15:00
出演:石田尚志

『アーティスト・ワークショップ』

2010年3月20日(土)13:30~17:00
出演:斎藤ちさと

O JUN 《3m》 2006-2007年 顔料、岩絵具、グアッシュ/紙 撮影:山田新治郎 ©O JUN Courtesy Mizuma Art Gallery
O JUN 《3m》 2006-2007年 顔料、岩絵具、グアッシュ/紙 撮影:山田新治郎 ©O JUN Courtesy Mizuma Art Gallery
桑久保 徹 《光の毒》 2009年 油彩/カンヴァス ©KUWAKUBO Toru Courtesy Tomio Koyama Gallery
桑久保 徹 《光の毒》 2009年 油彩/カンヴァス ©KUWAKUBO Toru Courtesy Tomio Koyama Gallery
アーノウト・ミック 《タッチ、ライズ・アンド・フォール》 2008年 2面スクリーンによるビデオ・インスタレーション Courtesy carlier | gebauer, Berlin
アーノウト・ミック 《タッチ、ライズ・アンド・フォール》 2008年 2面スクリーンによるビデオ・インスタレーション Courtesy carlier | gebauer, Berlin
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開