ニュース

大友良英、若松孝二、七里圭ら参加、上映だけに留まらない独立系映画祭『CO2』

「新しい映画を作る/映画を作る人を作る」というスローガンのもと、若き映画作家たちの発掘、育成、制作支援を行うプロジェクト「CO2」。そんなCO2が主催するインディーズ映画祭『シネアスト・オーガニゼーション・大阪エキシビション-CO2』が、3月1日から3日間にわたり大阪のHEPHALLで開催される。

これまでの参加作品が海外の映画祭で多数上映された実績をもつほか、香港国際映画祭で『エドワード・ヤン記念アジア新人大賞』を受賞した石井裕也監督をはじめ、コンセプト通り多くの逸材を世に送り出してきた同イベント。

鈴木則文(映画監督)、佐々木敦(批評家)、大野敦子(プロデューサー)の計3名の選考委員が選び抜いた5名の監督たちが、CO2助成金をもとに制作した新作映画を上映。今回は、既に国内での受賞経験を持つ田中羊一、草苅勲、強烈な作風で選考委員の度肝をぬいた小栗はるひ、石原貴洋、そして前回の『CO2』でオープン・コンペ部門の最優秀賞を受賞した三宅唱らがグランプリを目指す。なお、グランプリの審査員は、音楽家の大友良英、映画監督の若松孝二、女優の洞口依子が務めている。

また、ロックフェスのような映画フェスを実現してきた『CO2』らしく、期間中は大友良英とドラびでおによる即興ライブや、七里圭による映像詩『ホッテントットエプロン-スケッチ』の生演奏付き上映が行われる。また「世界独立映画同盟」と銘打った特別上映では『SR サイタマノラッパー』なども上映。他にもトークショーなどのイベントも用意されているので、詳しいスケジュールはオフィシャルサイトをチェックしてみてほしい。

『シネアスト・オーガニゼーション・大阪エキシビション-CO2』

2010年3月1日(月)~3月3日(水)
会場:HEPHALL(大阪・梅田)

料金:
前売 全日券3,000円 一日券1,200円
当日 一日券1,500円
チケット取り扱い:チケットぴあ(Pコード:461-547)

「シネアスト・オーガニゼーション・大阪エキシビション-CO2」メインビジュアル
「シネアスト・オーガニゼーション・大阪エキシビション-CO2」メインビジュアル
「SR サイタマノラッパー」(監督:入江悠)
「SR サイタマノラッパー」(監督:入江悠)
「ゴリラの嘘」(監督:草苅勲)
「ゴリラの嘘」(監督:草苅勲)
「VIOLENCE PM」(監督:石原貴洋)
「VIOLENCE PM」(監督:石原貴洋)
画像を拡大する(13枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー