ニュース

ラストは半田真規展、馬喰町gallery αMのシリーズ企画展

豊田市美術館チーフキュレーター、天野一夫によるシリーズ企画展の最後を飾る「『変成態―リアルな現代の物質性』Vol.8 半田真規展」が、2月27日から東京・馬喰町のギャラリーgalleryαMで開催される。

半田真規は、ロレックス文化貢献事業の『ロレックス メントー&プロトジェ アート・プログラム』に日本人として初めて選ばれるなど今後の活躍が期待される若手作家。半田の作品は、様々な風景から受けた感覚や記憶をきっかけに生み出され、屋内外に関わらず常にひとつの世界を圧倒的な完成度でつくりあげられる。決して押しつけがましくないそれらは、感覚が凝縮された異空間として見る者に強い印象を残す。

今回の展示では、ギャラリーの構成を全面的に変えていき、展示空間のあり方や感覚を根本から変化させていく。この世界に存在している限り、全ての人は物事を主観的に認識するということを前提にした、ネガティブな問題提起とは異なる軽やかな飛躍の提案となっている。観るものは閉塞的なアートの枠からの明るい跳躍を感じることができるだろう。

αMプロジェクト2009企画
『変成態―リアルな現代の物質性』 Vol.8 半田真規

2010年2月27日(土)~3月27日(土)
会場:gallery αM
時間:11:00~19:00
休廊日:日、月曜、祝日
料金:無料

関連イベント

第3回シンポジウム
「近代を遠くながめて」

2010年3月27日(土)
会場:gallery αM
時間:16:00~18:00
パネリスト:
田中正之
金氏徹平
半田真規
天野一夫
料金:無料(予約不要)

(画像:Masanori Handa "study", 2010 ©Masanori Handa)

Masanori Handa "study", 2010 ©Masanori Handa
Masanori Handa "study", 2010 ©Masanori Handa
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー