ニュース

上野オークラ劇場が59年の歴史に幕、新館で「開かれたピンク映画館」目指す

東京・上野のピンク映画専門館「上野オークラ劇場」が建物の老朽化に伴い59年の歴史に幕を下ろし、別敷地に新館をオープンすることがわかった。上野オークラ劇場の閉館は8月1日、新館のオープンは8月4日となる。

上野オークラ劇場は1951年、東映の封切館としてオープン。1962年には、日本製ピンク映画の第1号作品とされるヒット作『肉体の市場』を配給し、ピンク映画というジャンルを確立した大蔵映画のメイン館だ。

「開かれたピンク映画館」を目指してオープンする新館は、車椅子スペースやエレベーターなどの万全な環境を準備。多くの人が描いているピンク映画へのネガティブなイメージを払拭し、新しい世代がピンク映画の魅力に触れるきっかけになることを目指す。

旧館ではクロージングイベントとしてピンク映画の巨匠である小川欽也監督の特集を7月31日に開催。新館ではオープニングに先駆けて女性限定のピンク映画鑑賞会を開催。2009年のピンク映画大賞を受賞した若手監督・加藤義一の話題作『多感な制服むっちり潤い尻』や、監督作は100本以上を越えるベテラン監督・池島ゆたかの『未亡人銭湯おっぱいの時間ですよ!』などを上映。さらにAVやピンク映画で活躍する若手女優の舞台挨拶やサイン会も行われる。

(画像上:上野オークラ劇場旧館、画像下:上野オークラ劇場新館完成予定図)

上野オークラ劇場旧館
上野オークラ劇場旧館
上野オークラ劇場新館完成予定図
上野オークラ劇場新館完成予定図
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて 1

    Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて

  2. 綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開 2

    綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開

  3. カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように 3

    カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように

  4. 飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie 4

    飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie

  5. 『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ 5

    『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ

  6. フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点 6

    フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点

  7. 『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も 7

    『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も

  8. のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開 8

    のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開

  9. 石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト 9

    石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト

  10. GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表 10

    GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表