ニュース

フランスの国民的絵本が実写映画化、欧州で1番有名な小学生『プチ・ニコラ』

フランスで50年間愛され続ける国民的絵本を実写映画化し、本国で大ヒットを収めた『プチ・ニコラ』が、10月9日から全国公開される。

物語の舞台は1960年代。毎日が楽しくて仕方ない主人公の小学生ニコラは、自分を愛してくれる両親や楽しい友人に囲まれ、幸せな日々を過ごしていた。そんなある日ニコラは、両親の会話から母親にもうすぐ赤ちゃんが生まれると信じ込む。創造力豊かな彼は、生まれてくる弟が両親を独り占めしてしまうのではないかという事態を妄想し、自分が必要な存在であることを示そうと両親の気を引くための行動をはじめる。やがてニコラと仲間たちはとんでもないことを思いつき、町全体をパニックに陥れてしまう。

原作の『プチ・ニコラ』は、1959年から1965年にかけてフランスの新聞『スード-ウエスト・ディモーシュ』に連載されたルネ・ゴシニとジャン・ジャック・サンペによる作品。書籍類は今では30ヶ国語以上に翻訳され1千万冊以上発行されており、フランス語を学ぶための教材として使われている。

監督・脚本を務めるローラン・ティラールは、フランス映画界の巨匠であるジャック・タチ、アルベール・ラモリス、ルイ・マル監督らを髣髴とさせながら、そこに自身のエッセンスを加え、本作を映画史に残る珠玉の作品へと昇華。また、主人公のニコラ役を、大規模なオーディションにより選ばれた、ニコラそっくりな9歳のマキシム・ゴダールが演じる。

子供たちが子供らしく、大人たちはプチ・ブルジョアになるのを憧れた古き良き時代を舞台に描かれる、純粋で何事にも真剣なニコラの成長。幼い頃の自分と重なりあい、物語の根底にある優しさや切なさを感じることができるだろう。

『プチ・ニコラ』

2010年10月9日(土)より恵比寿ガーデンシネマほか全国ロードショー
監督:ローラン・ティラール
原作:『プチ・ニコラ』ルネ・ゴシニ、ジャン=ジャック・サンペ作
脚本・脚色:ローラン・ティラール、グレゴワール・ヴィニュロン
キャスト:
ヴァレリー・ルメルシエ
カド・メラッド
サンドリーヌ・キベルラン
マキシム・ゴダール
ほか
配給:フェイス・トゥ・フェイス

(画像:©2009 Fidelite Films - IMAV Editions - Wild Bunch - M6 Films - Mandarin Films - Scope Pictures - Fidelite Studios)

©2009 Fidelite Films - IMAV Editions - Wild Bunch - M6 Films - Mandarin Films - Scope Pictures - Fidelite Studios
©2009 Fidelite Films - IMAV Editions - Wild Bunch - M6 Films - Mandarin Films - Scope Pictures - Fidelite Studios
©2009 Fidelite Films - IMAV Editions - Wild Bunch - M6 Films - Mandarin Films - Scope Pictures - Fidelite Studios
©2009 Fidelite Films - IMAV Editions - Wild Bunch - M6 Films - Mandarin Films - Scope Pictures - Fidelite Studios
©2009 Fidelite Films - IMAV Editions - Wild Bunch - M6 Films - Mandarin Films - Scope Pictures - Fidelite Studios
©2009 Fidelite Films - IMAV Editions - Wild Bunch - M6 Films - Mandarin Films - Scope Pictures - Fidelite Studios
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年