ニュース

トルナトーレ監督が再びシチリアで描く人生賛歌、監督自身の半生も投影

イタリア屈指の名監督ジュゼッペ・トルナトーレ監督の最新作『シチリア!シチリア!』の日本公開が決定した。

アカデミー賞最優秀外国語映画賞に輝いた『ニュー・シネマ・パラダイス』では、故郷シチリアを舞台に、映画館で出会った老人と少年の友情を通して、人生に大切なことは何かを描いたジュゼッペ・トルナトーレ監督。

『シチリア!シチリア!』は、2007年にローマで暴漢に襲われ、生死の境をさまようという事件に見舞われたトルナトーレ監督が、あらためて生きる喜びを実感した体験を活かし、故郷シチリアを舞台に人生の素晴らしさを描いた作品。主人公・ペッピーノを中心に、1930年代から80年代までの世界のトピックを織り交ぜながら、家族の愛と絆、彼らを取り巻く様々な人々の人生模様が映し出されている。なお、「ペッピーノ」とは「ジュゼッペ」の愛称でもあり、トルナトーレ監督自身の半生と、彼の父親の人生を投影した物語ともいえるだろう。

音楽は、『ニュー・シネマ・パラダイス』と同じくエンニオ・モリコーネが担当。キャストには、『マレーナ』のモニカ・ベルッチ、フランチェスコ・シャンナ、マルガレット・マデらが名を連ねる。

日本国内での公開は、12月からシネスイッチ銀座、角川シネマ新宿で予定されている。

『シチリア!シチリア!』

2010年12月、シネスイッチ銀座、角川シネマ新宿にてお正月ロードショー
監督・脚本:ジュゼッペ・トルナトーレ
音楽:エンニオ・モリコーネ
キャスト
フランチェスコ・シャンナ
マルガレット・マデ 
アンヘラ・モリーナ 
リナ・サストリ
配給:角川映画

(画像:©2009 MEDUSA FILM)

©2009 MEDUSA FILM
©2009 MEDUSA FILM
©2009 MEDUSA FILM
©2009 MEDUSA FILM
©2009 MEDUSA FILM
©2009 MEDUSA FILM
©2009 MEDUSA FILM
©2009 MEDUSA FILM
©2009 MEDUSA FILM
©2009 MEDUSA FILM
画像を拡大する(10枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も 1

    こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も

  2. 野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真 2

    野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真

  3. 『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ 3

    『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ

  4. 高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化 4

    高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化

  5. 『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送 5

    『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送

  6. 宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁 6

    宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁

  7. King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」 7

    King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」

  8. ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM 8

    ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM

  9. 『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示 9

    『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示

  10. 中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生 10

    中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生