ニュース

ナイロン100℃が故・市川崑監督の映画『黒い十人の女』を舞台化

ケラリーノ・サンドロヴィッチ主宰の劇団「ナイロン100℃」が、故・市川崑監督の映画『黒い十人の女』を舞台化することがわかった。同公演は、ナイロン100℃にとって初の映画原作の作品になる。

1961年に公開された映画『黒い十人の女』は、美しい妻を持ちながら多くの女と浮気するテレビプロデューサーの風松吉の周りで展開される愛憎劇。船越英二、岸恵子、山本富士子、宮城まり子、中村玉緒、岸田今日子など豪華女優の共演で話題を集め、2002年には市川自身によるリメイク作としてテレビドラマ化もされている。

今回の舞台化は、上演台本・演出を手がけたケラリーノ・サンドロヴィッチの発案がきっかけになったとのこと。権利的な面での実現不可が危ぶまれたが、交渉の末に承諾を得ることが出来たという。

舞台『黒い十人の女~version100℃~』は来年5月20日から6月12日まで東京・青山円形劇場で上演される予定。風松吉役はもちろん、愛人役を誰が演じるのかも気になるところだ。

NYLON100℃ 36th SESSION 公演
『黒い十人の女~version100℃~』

2011年5月20日(金)~6月12日(日)予定
会場:東京 青山円形劇場
オリジナル脚本:和田夏十
上演台本・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ

出演:
みのすけ
峯村リエ
松永玲子
村岡希美
新谷真弓
植木夏十
安澤千草
廣川三憲
藤田秀世
吉増裕士
皆戸麻衣
眼鏡太郎
ほか

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー