ニュース

ゆらゆら帝国第2弾ライブDVDの内容判明、入手困難VHS映像も収録

12月22日にリリースされるゆらゆら帝国の2枚組ライブDVD『YURA YURA TEIKOKU LIVE 1997-2004』の詳細が明らかになった。

同作は、『YURA YURA TEIKOKU LIVE 2005-2009』に続き、2ヶ月連続でリリースされるライブ作品集。初回特典として坂本慎太郎描き下ろし三方背ボックスと、カメラマンの加藤仁史が撮影した、56ページにわたる豪華フォトブックが付属する。

DISC1には、2001年に行われた東京・日比谷野外大音楽堂での初ワンマンライブを収録。彼らの代表曲“すべるバー”“ゆらゆら帝国で考え中”や“ミーのカー”“ズックにロック”“発光体”などの名曲を含む、120分間の映像をノーカットで堪能できる。

DISC2には、ドラムの柴田一郎が加入した1997年に、東京・下北沢CLUB Queで行われた初期の貴重なライブを収録。この映像は、1998年に発売されたVHSのライブ映像作品『YURA YURA TEIKOKU Live 1997.9.1』を再編集版。このVHSは既に入手困難になっており、ファン必見映像だ。

ゆらゆら帝国
『YURA YURA TEIKOKU LIVE 1997-2004』初回生産限定盤(2DVD)

2010年12月22日発売
価格:5,000円(税込)
AIBL 9201~2

[DISC1]
1. オンリーワン
2. 頭炭酸
3. ミーのカー
4. 星ふたつ
5. すべるバー
6. ラメのパンタロン
7. ゆらゆら帝国で考え中
8. 男は不安定
9. 午前3時のファズギター
10. 最後の一匹
11. 待ち人
12. 針
13. ハチとミツ
14. EVIL CAR
15. わかってほしい
16. 昆虫ロック
17. されたがっている
18. 発光体
19. ズックにロック
20. グレープフルーツちょうだい
21. でっかいクエスチョンマーク
[DISC2]
1. アイツのテーマ
2. 彼女のサソリ 
3. 太陽のうそつき
4. アイドル
5. ドックンドール
6. パーティーはやらない
7. いたずら小僧
8. つきぬけた
9. 発光体
10. ユラユラウゴク
11. EVIL CAR
12. 人間やめときな
13. されたがっている
14. 昆虫ロック
15. グレープフルーツちょうだい
[特典]
・坂本慎太郎描き下ろし三方背BOX
・カメラマン加藤仁史によるレア写真満載の56P超豪華フォトブック

amazonで購入する

ゆらゆら帝国
『YURA YURA TEIKOKU LIVE 1997-2004』通常盤(2DVD)

2010年12月22日発売
価格:4,200円(税込)
AIBL 9203~4

amazonで購入する

ゆらゆら帝国
『ゆらゆら帝国LIVE2005-2009』完全生産限定盤(2CD+DVD)

2010年11月24日発売
価格:6,800円(税込)
AICL 2214~2216

[DISC1]
1. 宇宙人の引っ越し(LIVE @SHIBUYA-AX 2009.10.18)
2. 順番には逆らえない(LIVE @SHIBUYA-AX 2009.10.18)
3. 男は不安定(LIVE @ “METAMORPHOSE09” 2009.09.05)
4. 単なる穴(LIVE @STUDIO COAST 2009.11.26)
5. お前の田んぼが好き(LIVE @STUDIO COAST 2009.11.26)
6. グレープフルーツちょうだい(LIVE @STUDIO COAST 2009.11.26)
7. ユラユラウゴク(LIVE @ “METAMORPHOSE09” 2009.09.05)
8. ソフトに死んでいる(LIVE @ “METAMORPHOSE09” 2009.09.05)
9. つぎの夜へ(LIVE @LIQUIDROOM 2007.12.30)
10. 無い!(LIVE @ “METAMORPHOSE09” 2009.09.05)
[DISC2]
1. おはようまだやろう(LIVE @LIQUIDROOM 2007.12.30)
2. できない(LIVE @LIQUIDROOM 2009.12.30)
3. あえて抵抗しない(LIVE @ “METAMORPHOSE09” 2009.09.05)
4. やさしい動物(LIVE @LIQUIDROOM 2007.12.30)
5. まだ生きている(LIVE @STUDIO COAST 2007.10.10)
6. なんとなく夢を(LIVE @KYOTO MUSE 2009.11.20)
7. 美しい(LIVE @ “METAMORPHOSE09” 2009.09.05)
8. 学校へ行ってきます(LIVE @ “METAMORPHOSE09” 2009.09.05)
9. ひとりぼっちの人工衛星(LIVE @SHIBUYA-AX 2007.12.17)
10. 空洞です(LIVE @LIQUIDROOM 2007.12.30)
[DISC3]
・2009.04.26 LIVE @ 日比谷野外大音楽堂
・BONUS VIDEO
・VIDEO CLIPS 2005-2009
[特典]
・坂本慎太郎描き下ろし三方背BOX
・カメラマン加藤仁史によるレア写真満載の56P超豪華フォトブック

amazonで購入する

ゆらゆら帝国
『ゆらゆら帝国LIVE2005-2009』通常盤(2CD)

2011年1月26日発売
価格:5,000円(税込)
AICL 2231~2

ゆらゆら帝国
『ゆらゆら帝国LIVE2005-2009』通常盤(DVD)

2011年1月26日発売
価格:2,800円(税込)
AIBL 9205

ゆらゆら帝国『YURA YURA TEIKOKU LIVE 1997-2004』ジャケット
ゆらゆら帝国『YURA YURA TEIKOKU LIVE 1997-2004』ジャケット
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 1

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  2. BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌 2

    BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌

  3. 大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く 3

    大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く

  4. 内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』 4

    内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』

  5. Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始 5

    Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始

  6. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 6

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  7. いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開 7

    いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開

  8. NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も 8

    NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も

  9. No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった 9

    No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった

  10. 内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側 10

    内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側