ホンマタカシの全貌に迫る大規模個展『ニュー・ドキュメンタリー』が東京に巡回

写真家のホンマタカシが2005年以降に手がけた作品群を中心に、活動の全貌に迫る展覧会『ホンマタカシ ニュー・ドキュメンタリー』が、4月9日より東京・新宿の東京オペラシティアートギャラリーにて開催される。

同展は、現在、金沢21世紀美術館で開催されている展覧会の巡回展だが、会場にあわせ作品の一部と展示構成が新たに変わる。なお、タイトルの『ニュー・ドキュメンタリー』とは、ホンマ自らが「カメラという装置で被写体をとらえる写真を通し、現実、記憶、そして世界とどのように向き合うことができるのか」というテーマから名付けたものだ。

自身の作品について「写真を使った世界の見方をさまざまに問いかける試み」と語るホンマ。その姿勢は、写真プリントだけでなく、写真をもとに制作されたシルクスクリーン、インスタレーション、映像作品と多様な形態をとる同展の展示作品すべてに垣間見ることができるだろう。

『ホンマタカシ ニュー・ドキュメンタリー』

2011年4月9日(土)~6月26日(日)
会場:東京 新宿 東京オペラシティ アートギャラリー
時間:11:00~19:00(金・土曜は20:00まで、入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日(5月2日は開館)
料金:一般1,000円 大・高生800円 中小生600円

(画像上から:《Tokyo and My Daughter》より 2006©Takashi Homma、《Trails》より2010&copyTakashi Homma、《M / Washington D.C.》 2010©Takashi Homma)

  • HOME
  • Art,Design
  • ホンマタカシの全貌に迫る大規模個展『ニュー・ドキュメンタリー』が東京に巡回

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて