奈良美智、蜷川実花ら多数作家出展、活動再開の水戸芸術館で企画展

東日本大震災で建物が一部損壊し、復旧工事を行う関係で休館を余儀なくされていた水戸芸術館現代美術ギャラリーが、7月30日からの企画展『CAFE in Mito 2011−かかわりの色いろ』で活動を再開する。

今回の企画展は、震災後の社会状況を考慮に入れ「人々がアートと出会い、アートを通して人と人とのつながりが生まれる場を創出する」という、水戸芸術館現代美術センターの活動の原点に立ち返って開催されるもの。

参加アーティストは、奈良美智、青木陵子、青山悟、淺井裕介、伊藤存、遠藤一郎、大友良英、クリスト&ジャンヌ=クロード、ジュリアン・オピー、長島有里枝、蜷川実花、日比野克彦、本城直季、山口晃など、過去に水戸芸術館現代美術ギャラリーで作品を発表したアーティストたちとなっている。また、ダンスや朗読、地域の人々と連携したイベントやワークショップなども多数行われる予定だ。

※記事掲載時から一部内容が変更になりました

『CAFE in Mito 2011−かかわりの色いろ』

2011年7月30日(土)~10月16日(日)
会場:茨城県 水戸市 水戸芸術館現代美術ギャラリー、広場
時間:9:30~18:00(入場は17:30まで)

出展作家:
青木陵子
青山悟
秋山さやか
淺井裕介
伊藤存
上田薫
遠藤一郎
大友良英
O JUN
大巻伸嗣
笠原出
クリスト&ジャンヌ=クロード
川島秀明
小林孝亘
酒井咲帆
ジュリアン・オピー
杉戸洋
杉山知子
鈴木康広
曽谷朝絵
高木正勝
高田安規子・政子
辰野登恵子
タノタイガ
長島有里枝
Nadegata Instant Party(中崎透+山城大督+野田智子)
奈良美智
西尾美也
西山美なコ
蜷川実花
ハスラー・アキラ
林剛人丸
日比野克彦
ひびのこづえ×森山開次×川瀬浩介
本城直季
日高理恵子
三田村光土里
Rico(本橋理子)
山口晃

休館日:月曜および9月20日(火)、10月11日(火)
※9月19日(月・祝)、10月10日(月・祝)は開館
料金:一般当日800円 前売600円
※中学生以下、65歳以上、障害者手帳所持者と付き添い1名まで、および1年間有効パスを所持は無料
※「アートウェンズディ」本展会期中は毎週水曜日入場無料

(画像上から:蜷川実花《Everlasting Flowers》2005 Photo: Yoshitaka Uchida、秋山さやか《水戸 あるく 2007年7月18日(水)くもり 時々 はれ はだ寒い》2007 Photo:Hideto NAGATSUKA)

  • HOME
  • Art,Design
  • 奈良美智、蜷川実花ら多数作家出展、活動再開の水戸芸術館で企画展

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて