今年2月に40歳で逝去したSSW加地等の実録映画が公開、豊田道倫らのトークショーも

今年2月に逝去したシンガーソングライター加地等のドキュメンタリー映画『加地等がいた ―僕の歌を聴いとくれ―』の上映イベントが、7月7日に東京・渋谷のUPLINK FACTORYで開催される。

1990年頃から弾き語りをスタートした加地は、関西を中心に活動を行い、これまでに『僕はダメ人間』『ビックワイエット!』『はぐれシンガー純情派』などのアルバムを発表。夢と現実の間で苦悩する中で育まれた独自の世界観は、峯田和伸(銀杏BOYZ)をはじめ、豊田道倫、前野健太、三沢洋紀など同時代のシンガーシングライターたちからも大きな支持を集めていた。

『加地等がいた ―僕の歌を聴いとくれ―』は、加地が37歳で上京し、東京での活動を開始した当初から、今年2月2日に40歳の若さで急逝するまでの2年半を生々しく映し出した作品。監督は豊田道倫や三輪二郎のPVを手掛けた堀内博志が務める。

同作の東京都内での上映は今回が初となる。なお、本編を上映した後に豊田道倫、三沢洋紀、前野健太、岡敬士ら生前の加地をよく知る顔ぶれによるトークショーが行われる。現在、会場オフィシャルサイトで同イベントの予約が可能だ。また、予約者には『加地等未発表スペシャル音源集』がプレゼントされる。

ドキュメンタリー映画
『加地等がいた ―僕の歌を聴いとくれ―』

監督・撮影・編集:堀内博志
出演・音楽:加地等
出演・制作協力:岡敬士
配給:PERFECT WORLD

『加地等・追悼イベント』

2011年7月7日(木)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:東京都 渋谷 UPLINK FACTORY
料金:1,500円(ドリンク別)

トークショー
『伝説のシンガー・加地等』

2011年7月7日(木)上映終了後から開催
会場:東京都 渋谷 UPLINK FACTORY
出演:
豊田道倫
三沢洋紀
前野健太
岡敬士(ケバブレコード)

(画像下:加地等)

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 今年2月に40歳で逝去したSSW加地等の実録映画が公開、豊田道倫らのトークショーも

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて