藤本涼と小浪次郎、写真家2人の個展が青山スパイラルガーデンで連続開催

写真家・藤本涼の新作展『eating haze and visualize/かすみをたべて幻視する』と、小浪次郎の個展『complex and more』が、東京・青山のスパイラルガーデンで開催される。

藤本は、力強い作品構成力と世界観で国内外において多くのコレクターやキュレーターの注目を集める新鋭写真家。2011年には公募展『shiseido art egg』に入選、記念個展では従来のモノトーンの色合いから飛躍したカラー作品を含む30点弱を発表し、高評価を受けた。小浪次郎は、東京工芸大学在学中から『エプソンカラーイメージングコンテスト』をはじめとする入賞経験を持つ写真家。卒業後も数々の雑誌やメディアで取り上げられ、現在はCOVERのマネージメントでコマーシャルフォトグラファーとして独立した。今後の幅広い活動が期待される。

同展は、東京・恵比寿の現代写真ギャラリー「G/P gallery」が2009年より主催してきた若手写真家のショーケース『G/P FRONT LINE SHOW』の第4弾・第5弾として行われる。現在開催中の藤本の新作展では『shiseido art egg』入選記念個展で発表した作品を含む約10点を展示。7月12日から行われる小浪の個展も、豊かな感性と確かな表現力を実感できる展示となるだろう。

G/P FRONT LINE SHOW #4 藤本涼
『eating haze and visualize/かすみをたべて幻視する』

2011年7月5日(火)~7月11日(月)
会場:東京都 青山 スパイラルガーデン
時間:11:00~20:00

G/P FRONT LINE SHOW #5 小浪次郎
『complex and more』

2011年7月12日(火)~7月18日(月)
会場:東京都 青山 スパイラルガーデン
時間:11:00~20:00

(画像上:live on air (fly) / 2011/ © Ryo Fujimoto/ Courtesy of G/P gallery、画像下:©Jiro Konami/ Courtesy of G/P gallery)

  • HOME
  • Art,Design
  • 藤本涼と小浪次郎、写真家2人の個展が青山スパイラルガーデンで連続開催

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて