18歳未満お断りの『TENGA展』、快感のオブジェとアラーキーらがアートでコラボ

典雅から8月5日に発売される新製品「TENGA 3D」をモチーフにした企画展『TENGA展 ~TENGA 3D MUSEUM OF ART~』が、東京・原宿のb6 JINGUMAE STUDIOで開催される。

白いボディに影を落とすフォルムが印象的なTENGA 3Dは、その見た目だけでなくひっくり返して使用することで、高いデザイン性と実用性を兼ねたアイテム。「快感のオブジェ」をテーマにしており、乾燥用の台座にセットすることでその造形美も堪能することが出来る。

同展には、TENGA 3Dにインスパイアを受けた4人の国内アーティストが参加。写真家・荒木経惟によるTENGA 3Dと被写体がコラボレーションした作品をはじめ、美術家・椿昇のTENGA3Dモチーフの造形物、映像ディレクター・高橋啓祐の映像作品、フラワーデザイナー・角浩之によるオリジナル作品が展示される。

会場では5種類のTENGA 3Dの商品展示、販売に加え、オリジナルTシャツや書籍『TENGA論』なども販売される。さらに、来場者にはもれなくTENGA EGGがプレゼントされる。なお、同展は18歳未満の入場は禁止となっている。

『TENGA展 ~TENGA 3D MUSEUM OF ART~』

2011年8月5日(金)~8月7日(日)
会場:東京都 原宿 b6 JINGUMAE STUDIO
時間:11:00~21:00(最終日は18:00まで)

出展作家:
荒木経惟
高橋啓祐
椿昇
角浩之

料金:無料

(画像上から:『TENGA展 ~TENGA 3D MUSEUM OF ART~』ロゴ、TENGA 3D、TENGA 3D スパイラル(ケース入り)、TENGA 3D ポリゴン(拡大図))

  • HOME
  • Art/Design
  • 18歳未満お断りの『TENGA展』、快感のオブジェとアラーキーらがアートでコラボ

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて