椎名林檎がネコカルテットとテーマ音楽担当、国際的バレエダンサー追った記録映画

国際的なバレエダンサー首藤康之を追ったドキュメンタリー映画『今日と明日の間で』のテーマ音楽を、椎名林檎が手掛けていることがわかった。

椎名林檎にとって初のダンス音楽であり、書き下ろしとなる楽曲“Between Today and Tomorrow”は、斎藤ネコ率いる「斎藤ネコカルテット」と共に椎名林檎自らがピアノを演奏。なお、完成した音楽に感動した首藤は、椎名命名の楽曲タイトルをそのまま映画のタイトルに起用したという。

映画『今日と明日の間で』は、首藤を1年以上の歳月をかけて撮影し、いくつものステージとその舞台裏を捉えたドキュメンタリー。モーリス・ベジャール、マシュー・ボーンら著名な振付師からも高い評価を受けてきた気鋭バレエダンサーの素顔と内面に迫った貴重な作品に仕上がっている。

『今日と明日の間で』

2012年1月7日から東京都写真美術館ホール、銀座テアトルほか全国で順次公開
監督:小林潤子
テーマ音楽:椎名林檎“Between Today and Tomorrow”
出演:
首藤康之
中村恩恵
小野寺修二
斎藤友佳理
シディ・ラルビ・シェルカウイ
配給:スタイルジャム

(画像:©2011 スタイルジャム)

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 椎名林檎がネコカルテットとテーマ音楽担当、国際的バレエダンサー追った記録映画

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて