155cmダンスデュオ「ほうほう堂」、美術家・淺井裕介と劇場飛び出すコラボ公演

ダンスデュオ「ほうほう堂」が美術家の淺井裕介とコラボレーションする『ほうほう堂@緑のアルテリオ』が、11月24日から神奈川の川崎市アートセンターで上演される。

ほうほう堂は、新鋪美佳と福留麻里の2人による身長155cmのダンスデュオ。「2人」という関係性や日常における身体を軸に構築する独自のダンスと、ジャンルを越えた数々のコラボレーションで多方面から注目を集めている。

同公演は、屋上、図書館、民家、ジャンボサボテンの前など、日常空間や一風変わった場所で踊るプロジェクト「ほうほう堂@」シリーズの最新作となるもの。今回の公演でも劇場を飛び出し、アートセンター内の様々な場所でダンスが披露される。

舞台美術を手掛ける淺井裕介は、マスキングテープとマジックペンを用いた自身の代表作『Masking Plant』と同様の手法を駆使し、リハーサルから公演期間中まで常に会場で植物などを描き続けるとのこと。公演の上演時間の詳細などは会場オフィシャルサイトで確認して欲しい。

なお、11月12日にはDVD『ほうほう堂@留守番』がリリース。今年5月に東京・下北沢の一軒家「素敵な家」で上演された舞台の模様を9台のカメラで捉えており、音楽にテニスコーツ、にかスープ&さやソース、木下美紗都、Double Famous、サンガツ、蓮沼執太、カテリーナ古楽合奏団らの楽曲を用いている点も注目だ。

『ほうほう堂@緑のアルテリオ』

2011年11月24日(木)~11月27 日(日)※全5公演
会場:神奈川県 川崎市アートセンター アルテリオ小劇場
振付・出演:ほうほう堂
美術:淺井裕介
映像:須藤崇規
料金:一般2,500円 中学・高校生1,000円 小学生以下500円

ほうほう堂
『ほうほう堂@留守番』

2011年11月12日発売
価格:3,000円(税込)
play4 / HEADZ155

監督:須藤崇規(ドリル)
作・振付・出演:ほうほう堂

amazonで購入する

(画像上から:ほうほう堂(写真:吉次史成)、2011年『ほうほう堂@入口』 写真:新井梨里子、2008年『Masking Plant・絵のなる樹』 写真:細川葉子、DVD『ほうほう堂@留守番』ジャケット)

  • HOME
  • Stage
  • 155cmダンスデュオ「ほうほう堂」、美術家・淺井裕介と劇場飛び出すコラボ公演

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて