ニュース

「東京女子」が提案する幸せなPINKの世界、辛酸なめ子ら33組の作家が出品

女性ならではのアイデアで「世の中にちょっとしたシアワセなモノゴト」を生み出すプロジェクト「東京女子プロジェクト」による企画展『WHY DON'T YOU PINK?』展が、3月3日から東京・勝どきの@btfで開催される。

「東京女子プロジェクト」は、日々の楽しみを見つけながら生きる現代の女の子を応援するプロジェクトとして、東京で活動する女性クリエーターを中心に企画を展開。ポップなサニタリーショーツの開発や、カフェカンパニーとコラボレートした月1のヨガイベント『東京満月ヨガの会』を行うなど、東京で暮らす女子の「リアル」に焦点をあてて活動している。

同展では、「世の中いろいろあるけど、PINKにすればいつもよりちょっと楽しくなるでしょ」を合言葉に、33組のアーティストが生み出した「PINKの作品」の展示・販売が行われる。参加アーティストには、辛酸なめ子(作家)、面白法人カヤック、秋山具義(アートディレクター)、papabubble(あめ屋さん)、もふくちゃん(モエジャパン代表取締役社長)、大日本タイポ組合(タイポ組合員)ら様々なジャンルのアーティストが顔を揃えている。

なお、会期中にはスイスのバッグブランド「FREITAG(フライターグ)」と一緒に作るピンクのカバン制作や、ピンクの書道、ピンクのiPhoneデコケースの制作など「PINK」をテーマにしたワークショップも開催が予定されている。

『WHY DON'T YOU PINK?』展 by東京女子プロジェクト

2011年3月3日(木)~3月27日(日)
会場:東京都 勝どき @btf
時間:11:00~19:00

出品作家:
秋山具義(アートディレクター)
海山俊亮(MicroWorksデザイナー)
岡嶌要(デザイナー)
面白法人カヤック
Colin Schaelli(デザイナー)
しみずなおこ(イラストレーター、銅版画作家)
池松江美[辛酸なめ子](作家)
Julie Watai(フォトグラファー)
スサイタカコ(アーティスト)
SOCUKA(フラワーアーティスト)
高橋理子(HIROCOLEDGE、アーティスト)
高見澤愛(プロダクトデザイナー)
滝脇愛子×藤島もえ(デザイナー)
大日本タイポ組合(タイポ組合員)
Tekuila[後智仁+西川俊也](アートユニット)
照沢ファリーザ(AV女優・フォトグラファー)
外山聡(ファッションデザイナー)
中島洋介(フォトグラファー)
仲田梨枝(フォトグラファー)
203gow(編み師)
パラボラ(デザインラボ)
papabubble(あめ屋さん)
日置恵(書家・デザイナー)
ヒロ杉山(アーティスト・アートディレクター)
藤田愛(デザイナー)
Blood Tube Inc.(アートディレクター)
ホネスト(カメラマン、スタイリスト、ヘアメイク)
丸山ノリコ×テツコ(刺繍屋)
mono goen°[森本千絵+上岡祐司](空間ストーリーテーラー)
もふくちゃん(モエジャパン代表取締役社長)
ヨネダマキ(アーティスト、ディレクター)
横浪修(フォトグラファー)
RHIZOMATIKS/Seiichi Saito(アーティスト)

休館日:月曜、祝日
料金:無料

(画像上から:『WHY DON'T YOU PINK?』展 by東京女子プロジェクト ロゴ画像、massive pink/岡嶌要、▲2三銀成△3二玉▲同ピンク/大日本タイポ組合、Flamingo/MicroWorks、massive pink/岡嶌要、全画像:東京女子プロジェクト提供)

『WHY DON'T YOU PINK?』展 by東京女子プロジェクト ロゴ画像(東京女子プロジェクト提供)
『WHY DON'T YOU PINK?』展 by東京女子プロジェクト ロゴ画像(東京女子プロジェクト提供)
massive pink/岡嶌要(東京女子プロジェクト提供)
massive pink/岡嶌要(東京女子プロジェクト提供)
▲2三銀成△3二玉▲同ピンク/大日本タイポ組合(東京女子プロジェクト提供)
▲2三銀成△3二玉▲同ピンク/大日本タイポ組合(東京女子プロジェクト提供)
Flamingo/MicroWorks(東京女子プロジェクト提供)
Flamingo/MicroWorks(東京女子プロジェクト提供)
massive pink/岡嶌要(東京女子プロジェクト提供)
massive pink/岡嶌要(東京女子プロジェクト提供)
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

思い出野郎Aチーム“ダンスに間に合う”

思い出野郎Aチームが6月30日にリリースする7inchシングルのPVは、オフィスの中で描かれるドラマ仕立ての映像。歌詞にもあるように、散々な日でもひどい気分でも、そのどこかに潜む祝福すべき一瞬を、メロウなグルーヴで捕まえる。(飯嶋)