ニュース

ブックガイドを建築物に見立てた書評エッセイ集、前野健太、飴屋法水ら執筆

建築をコンセプトにした書籍『<建築>としてのブックガイド』が、2月1日に明月堂書店から刊行された。

藤原ちからと辻本力が共同で編集を手掛けた同書は、廊下やベランダから酒蔵、秘密基地、船着き場まで、様々な建築の種類や要素から選ばれた27のキーワードをもとに、執筆者が自由な形式で書籍を紹介していくもの。建築の専門書ではなく、ブックガイドをひとつの建築に見立てたユニークな構成となっている。

同書は、大谷能生が選ぶ「リビング」の本、快快の演出家・篠田千明が自身の「いそうろう美学」をもとに「キッチン」から連想した本、「屋根裏部屋」と題された飴屋法水と家族の対話に登場する本など、通常のブックガイドにとらわれない自由な形式がとられている。前野健太、神里雄大(岡崎藝術座)、瀬田なつき、樽本樹廣(「百年」店主)、福永信など、様々なジャンルから計25組が登場している。

内容はもちろん、随所に盛り込まれた大橋慶子によるイラストと、加藤賢策(東京ピストル)によるユーモア溢れるブックデザインも見どころだ。

『<建築>としてのブックガイド』

2011年2月1日発売
編集:藤原ちから、辻本力
執筆者:
樽本樹廣(百年)
西尾佳織(鳥公園)
大澤聡
大谷能生
白井聡
プルサーマル・フジコ
オカヤイヅミ
篠田千明(快快)
Pippo
杉浦貴美子
シンプル組合
TOLTA
松田青子
池田鮎美
飴屋法水たち
前野健太
神里雄大(岡崎藝術座)
阪根正行
浜野喬士
辻本力
安竹希光恵
伊東沙保
藤田貴大(マームとジプシー)
福永信
瀬田なつき
価格:1,800円(税込)
発行:明月堂書店

amazonで購入する

『<建築>としてのブックガイド』表紙
『<建築>としてのブックガイド』表紙
画像を拡大する(1枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察