ニュース

二階堂和美とタラ・ジェイン・オニール、来日重ねて実現した自由な共作『タラとニカ』

タラ・ジェイン・オニールと二階堂和美の共作アルバム『タラとニカ』が、5月15日にリリースされる。

ロダンのベーシストとして90年代初頭から活動を開始したタラ・ジェイン・オニールは、バンド解散後もシンガーソングライターとして独自のポジションを確立。自身の名義でK RECORDSなどから作品を発表してきたほか、マルチ演奏家として、Ida、Jackie-O Motherfuckerなど様々なアーティストの録音作品に客演してきたことでも知られている。

同作は、これまでの5度の来日ツアーの中で、タラ・ジェイン・オニールが最も多く共演した日本のミュージシャンである二階堂和美と共に作られたコラボレーション作品。タラの「ニカと一緒にレコードが作りたい」という希望を受け、2008年に行われた京都及び琵琶湖畔でのセッションと、2010年に行われた神戸・旧グッゲンハイム邸での2泊3日の追加録音をもとに、自由な感性の重なりあいが魅力的な、愛らしくも刺激に満ちた作品に仕上がっている。

国内盤のみボーナストラック4曲含む全17曲を収録。レーベル「Sweet Dreams」のウェブサイトでは、収録曲“Ruh Roh”のフル試聴が行われている。また、6月下旬にはタラを招いた国内ツアーも予定されているとのこと。続報を楽しみに待とう。

タラ・ジェイン・オニール&二階堂和美
『タラとニカ』国内盤

2011年5月15日発売
価格:2,100円(税込)
Sweet Dreams / SDCD-006

1. Lullaby
2. Bell and Pop
3. Ruh Roh
4. Naturally
5. Nursery
6. Riceball
7. Thumb Drum
8. Kaheeloud
9. 4 Trains
10. Say Yah
11. Nikapella
12. Melodica Hall
13. Temple Lullaby
※国内盤のみ4曲追加した全17曲収録

タラ・ジェイン・オニール&二階堂和美『タラとニカ』ジャケット
タラ・ジェイン・オニール&二階堂和美『タラとニカ』ジャケット
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

君島大空“遠視のコントラルト”

屈折したイノセンスが爆発するような、君島大空の“遠視のコントラルト”のMV。『The Bends』の頃のRadioheadのようなギターとセンシティブに揺ぐボーカルが描き出す、ピュアでまばゆい楽曲世界にクラっとくる。松永つぐみが手がけた映像も素晴らしく、実験映像的なカットを重ね、儚く消え入りそうな繊細で美しい才能を見事に切り取っている。爆音で凝視してほしい。
(山元)

  1. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 1

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  2. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 2

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  3. 宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一 3

    宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一

  4. エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由 4

    エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由

  5. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 5

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  6. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 6

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  7. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 7

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  8. CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように 8

    CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』 10

    ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』