ニュース

妻夫木&松ケンのデュエット曲も、山下敦弘新作『マイ・バック・ページ』サントラ登場

5月28日から全国で公開される映画『マイ・バック・ページ』のオリジナルサウントトラックが急遽発売されることがわかった。

『マイ・バック・ページ』は、1960年代後半から1970年代前半の激動の時代を舞台に、理想と現実の狭間で葛藤する若者たちの姿を描き出した作品。監督を『リンダ リンダ リンダ』『天然コケッコー』の山下敦弘、若きジャーナリスト役を妻夫木聡、革命家を松山ケンイチが演じている。

発売が発表された『マイ・バック・ページ オリジナル・サウンドトラック』は、ミト(クラムボン)と、HARCOや原田郁子のストリングスアレンジや、映画『婚前特急』の音楽も手掛けたきだしゅんすけが担当。劇中で使用された楽曲のほかに、妻夫木と松山がボーカルをとったCreedence Clearwater Revivalの代表曲“雨を見たかい−HAVE YOU EVER SEEN THE RAIN”などが収録される。

同作は、映画の公開にあわせて5月28日から一部公開劇場で販売スタート。6月8日から一般発売が開始される。

『マイ・バック・ページ オリジナル・サウンドトラック』

2011年6月8日発売
価格:2,400円(税込)
CDSOL-1429

amazonで購入する

『マイ・バック・ページ』

2011年5月28日より新宿ピカデリー、丸の内TOEIほか全国ロードショー
監督:山下敦弘
原作:川本三郎『マイ・バック・ページ』(平凡社)
音楽:ミト(クラムボン)、きだしゅんすけ
出演:
妻夫木聡
松山ケンイチ
忽那汐里
石橋杏奈
韓英恵
中村蒼
長塚圭史
山内圭哉
古舘寛治
あがた森魚
三浦友和
配給:アスミック・エース

(画像上・中:©2011映画『マイ・バック・ページ』製作委員会、画像下:『マイ・バック・ページ オリジナル・サウンドトラック』ジャケット)

©2011映画『マイ・バック・ページ』製作委員会
©2011映画『マイ・バック・ページ』製作委員会
©2011映画『マイ・バック・ページ』製作委員会
©2011映画『マイ・バック・ページ』製作委員会
『マイ・バック・ページ オリジナル・サウンドトラック』ジャケット
『マイ・バック・ページ オリジナル・サウンドトラック』ジャケット
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで