ニュース

旧式テレビの電磁波を音に変換、アナログ放送終了日に奏でるブラウン管ライブ

ミュージシャン・和田永によるブラウン管テレビを用いたイベント『「Bye Bye Broadcasting」by Braun Tube Jazz Band』が、7月24日に東京・渋谷のWWWで開催される。

1987年生まれの和田は、ヨーロッパを中心に活動を展開するアーティスト。旧式のオープンリールテープレコーダーを楽器として演奏するプロジェクト「Open Reel Ensemble」を主宰するほか、古い電化製品とコンピューターを組み合わせて音楽作品やパフォーマンス作品を制作するなど、多彩な活動を展開している。

今回のライブで和田は自身のソロプロジェクト「Braun Tube Jazz Band」として登場。イベント当日の7月24日はアナログ放送終了の日であり、ステージ上に並べられたテレビモニターから映像が流れる最後の瞬間と共にライブをスタート。そこから発せられる目に見えない電波を音に変換させ、観客を巻き込みながら楽曲を作り上げていく。ブラウン管テレビを楽器として演奏するという、一風変わったライブプロジェクトが展開される予定だ。

なお、同プロジェクトの真相に迫るインタビュー動画が、WWWのウェブサイトで公開中。和田永の自宅で撮影された貴重な映像となっている。

『「Bye Bye Broadcasting」by Braun Tube Jazz Band』

2011年7月24日(日)OPEN 11:00 / START 12:00
会場:東京都 渋谷 WWW
出演:和田永(Braun Tube Jazz Band)
料金:前売1,953円(ドリンク別)

Braun Tube Jazz Band
Braun Tube Jazz Band
Braun Tube Jazz Band
Braun Tube Jazz Band
『アナログ放送へのレクイエム Braun Tube Jazz Band首謀者 和田永の自宅潜入映像公開』より
『アナログ放送へのレクイエム Braun Tube Jazz Band首謀者 和田永の自宅潜入映像公開』より
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会