ニュース

心に突き刺さる「癒されない」映画作品を紹介&分析する書籍『ひきずる映画』刊行

心に残る「癒されない」映画を紹介、分析する書籍『ひきずる映画 ――ポスト・カタストロフ時代の想像力』が、8月22日に刊行される。

同書のキーワードである「ひきずる映画」とは、見た者の心に突き刺さることで、その痛みによって世界を新たな視線でみることをうながすような作品を指しているという。2000年以降の作品を中心にピックアップし、作中の「ひきずるポイント」と「技法のポイント」を分析。映画の恐ろしさや面白さを再認識させると同時に、現代映画の在り方を問う内容となっている。著者には編集を手掛けた村山匡一郎をはじめ、気鋭の映画批評家が名を連ねる。

作品が紹介されている監督は、表紙に登場している映画『エッセンシャル・キリング』のイエジー・スコリモフスキをはじめ、ワン・ビン、園子温、ミヒャエル・ハネケ、フランソワ・オゾン、ヴィターリー・カネフスキー、デヴィッド・クローネンバーグ、瀬々敬久、アピチャッポン・ウィーラセタクン、デヴィッド・リンチといったバラエティ豊かな面々。また、フリッツ・ラングや若松孝二らの作品も古典として取り上げている。

なお、同書はフィルムアート社が刊行する「CineSophia」シリーズの第1弾。映画の未来の多様な可能性をスリリングに提案する書籍を今後も刊行していくという。

『ひきずる映画 ――ポスト・カタストロフ時代の想像力』

2011年8月22日発売
編集:村山匡一郎+編集部
著者:村山匡一郎、北小路隆志、三浦哲哉、石原陽一郎、石坂健治、杉原賢彦
価格:2,205円(税込)
発行:フィルムアート社

amazonで購入する

『ひきずる映画 ――ポスト・カタストロフ時代の想像力』表紙
『ひきずる映画 ――ポスト・カタストロフ時代の想像力』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Mom“ひみつのふたり”

5月22日発売の2ndアルバム『Detox』から“ひみつのふたり”のMVが公開。美容室らしき場所で、彼は自身の仕上がりに終始不安げで不服そうな顔を見せつつも、最終的にはひどい有様の自分を受け入れてその場を去っていく。そんな冷静さを持っているからこそ、ふと見せる<もう一層の事 牙でも生やして / 君の肩に齧り付きたい><買い換えたばかりの携帯は / 早いとこ傷つけたくなる>といった破壊衝動にハッとさせられてしまう。(中田)

  1. BTSは愛と自信を原動力に前進する。新章『MAP OF THE SOUL: PERSONA』 1

    BTSは愛と自信を原動力に前進する。新章『MAP OF THE SOUL: PERSONA』

  2. 高畑充希×前田敦子×池松壮亮『Q10』組登場 『町田くんの世界』場面写真 2

    高畑充希×前田敦子×池松壮亮『Q10』組登場 『町田くんの世界』場面写真

  3. 長澤まさみ&夏帆がLOWRYS FARM夏ビジュアルに ディレクションは吉田ユニ 3

    長澤まさみ&夏帆がLOWRYS FARM夏ビジュアルに ディレクションは吉田ユニ

  4. 女子大生が「殺される誕生日」を無限ループ 『ハッピー・デス・デイ』予告 4

    女子大生が「殺される誕生日」を無限ループ 『ハッピー・デス・デイ』予告

  5. スガシカオが語る、アルバム名に込めた真意「幸福感は十人十色」 5

    スガシカオが語る、アルバム名に込めた真意「幸福感は十人十色」

  6. 舞台『オリエント急行殺人事件』日本初演 小西遼生、室龍太ら出演 6

    舞台『オリエント急行殺人事件』日本初演 小西遼生、室龍太ら出演

  7. トム・サックスが茶の湯の世界に目を向ける展覧会 庭や茶室、池などで構成 7

    トム・サックスが茶の湯の世界に目を向ける展覧会 庭や茶室、池などで構成

  8. ピクサーアニメの制作工程を体験&学習、『PIXARのひみつ展』六本木で開幕 8

    ピクサーアニメの制作工程を体験&学習、『PIXARのひみつ展』六本木で開幕

  9. 21世紀のプリンスを再評価。配信やセクシャリティーの先駆者 9

    21世紀のプリンスを再評価。配信やセクシャリティーの先駆者

  10. カネコアヤノのお守りみたいな歌 不安を大丈夫に変える詩の秘密 10

    カネコアヤノのお守りみたいな歌 不安を大丈夫に変える詩の秘密