ニュース

心に突き刺さる「癒されない」映画作品を紹介&分析する書籍『ひきずる映画』刊行

心に残る「癒されない」映画を紹介、分析する書籍『ひきずる映画 ――ポスト・カタストロフ時代の想像力』が、8月22日に刊行される。

同書のキーワードである「ひきずる映画」とは、見た者の心に突き刺さることで、その痛みによって世界を新たな視線でみることをうながすような作品を指しているという。2000年以降の作品を中心にピックアップし、作中の「ひきずるポイント」と「技法のポイント」を分析。映画の恐ろしさや面白さを再認識させると同時に、現代映画の在り方を問う内容となっている。著者には編集を手掛けた村山匡一郎をはじめ、気鋭の映画批評家が名を連ねる。

作品が紹介されている監督は、表紙に登場している映画『エッセンシャル・キリング』のイエジー・スコリモフスキをはじめ、ワン・ビン、園子温、ミヒャエル・ハネケ、フランソワ・オゾン、ヴィターリー・カネフスキー、デヴィッド・クローネンバーグ、瀬々敬久、アピチャッポン・ウィーラセタクン、デヴィッド・リンチといったバラエティ豊かな面々。また、フリッツ・ラングや若松孝二らの作品も古典として取り上げている。

なお、同書はフィルムアート社が刊行する「CineSophia」シリーズの第1弾。映画の未来の多様な可能性をスリリングに提案する書籍を今後も刊行していくという。

『ひきずる映画 ――ポスト・カタストロフ時代の想像力』

2011年8月22日発売
編集:村山匡一郎+編集部
著者:村山匡一郎、北小路隆志、三浦哲哉、石原陽一郎、石坂健治、杉原賢彦
価格:2,205円(税込)
発行:フィルムアート社

amazonで購入する

『ひきずる映画 ――ポスト・カタストロフ時代の想像力』表紙
『ひきずる映画 ――ポスト・カタストロフ時代の想像力』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心 1

    秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心

  2. 古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風 2

    古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風

  3. 青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も 3

    青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も

  4. 米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演 4

    米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演

  5. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編) 5

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編)

  6. 坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開 6

    坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開

  7. 三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介 7

    三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介

  8. 小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』 8

    小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』

  9. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 9

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  10. 『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優 10

    『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優