ニュース

『ヒミズ』出演陣に窪塚、吉高、AAA西島、鈴木杏が追加、震災直後に脚本変更も判明

古谷実の同名漫画を原作にした映画『ヒミズ』キャストの続報が届いた。

2001年から『週刊ヤングマガジン』で連載された『ヒミズ』は、人間の心の暗部を題材にした青春劇。これまでに主人公・住田役の染谷将太、複雑な心情を持った女子中学生・茶沢景子役の二階堂ふみ、住田の父親役に光石研、母親役に渡辺真起子など、過去の園子温作品へ出演経験のある顔ぶれが判明していた。さらに、原作には登場しなかった茶沢の母親役として黒沢あすかが登場することも発表されていた。

今回明らかになったキャストは、スリの若者・テル彦役に園子温監督作初出演となる窪塚洋介、園監督の『紀子の食卓』で鮮烈な印象を残した吉高由里子、『愛のむきだし』での好演も記録に新しい音楽グループ「AAA」の西島隆弘。また、舞台や映画などで幅広く活躍する鈴木杏が、窪塚同様に園子温作品初出演を果たす。

出演にあたり、窪塚は「ひやかし程度の出演ですけど、園監督と御一緒出来てだいぶ楽しかったです」とコメント。西島は「園ワールド全開のLIVE撮影を久しぶりに味わえました!最高に気持ちが良かったです!もっと出たかった!漫画も読んでいたので、出来上がりが楽しみです」と出演の感想を語っている。

なお、園監督が東日本大震災直後に急遽脚本を変更したことも判明。物語の舞台を今年3月11日以降に移し、今の日本の姿を描く作品になったという。

『ヒミズ』

2012年春シネクイント他全国順次公開
監督・脚本:園子温
原作:古谷実『ヒミズ』(講談社)
出演:
染谷将太
二階堂ふみ
渡辺哲
吹越満
神楽坂恵
光石研
渡辺真起子
黒沢あすか
でんでん
窪塚洋介
吉高由里子
西島隆弘
鈴木杏
配給:ギャガ

(画像右上から時計回りに:吉高由里子、鈴木杏、西島隆弘、窪塚洋介)

画像右上から時計回りに:吉高由里子、鈴木杏、西島隆弘、窪塚洋介
画像右上から時計回りに:吉高由里子、鈴木杏、西島隆弘、窪塚洋介
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開