ニュース

写真と衣服による視覚対話『アーヴィング・ペンと三宅一生 Visual Dialogue』展

写真家アーヴィング・ペンとデザイナーの三宅一生による企画展『アーヴィング・ペンと三宅一生 Visual Dialogue』展が、2012年4月8日まで東京・六本木の21_21 DESIGN SIGHTで開催されている。

同展は、三宅一生がデザインした衣服をアーヴィング・ペンが撮影した写真作品を中心に、様々な関連作品を展示するもの。2009年に没したペンは、数々のファッション写真、ポートレート、静物写真などを手掛けた写真家。同展では、ペンが1987年から1999年まで撮影した「ISSEY MIYAKE」の衣服写真250点以上の中から148点を、超高精細プロジェクターによる大画面投影を交えてダイナミックに展示する。

また、マイケル・クロフォードのドローイング、パスカル・ルランによるアニメーションの上映をはじめ、田中一光のデザインによるコレクションポスターを一挙に展示。さらに、ペン自らの手によるオリジナルプリントや撮影用スケッチも特別公開される。

同展のディレクターをはじめ、グラフィックデザインや会場構成は佐藤卓が担当。なお、13年にわたる撮影期間中に三宅は1度も現場に立ち会わず、ペンに全てを任せていたという。同展は、2人のクリエイターによる鮮やかな視覚対話の記録とも言えるだろう。


企画展
『アーヴィング・ペンと三宅一生 Visual Dialogue』展

2011年9月16日(金)~2012年4月8日(日)
会場:東京都 六本木 21_21 DESIGN SIGHT(東京ミッドタウン・ガーデン内)
時間:11:00~20:00(入場は19:30まで)
休館日:火曜日(11月1日、3月20日は開館)、12月27日~1月3日
料金:一般1,000円 大学生800円 中高生500円 小学生以下無料

(画像上から:『アーヴィング・ペンと三宅一生 Visual Dialogue』ポスター、ISSEY MIYAKEコレクションポスター、1994年SS(写真:アーヴィング・ペン、ポスターデザイン・タイポグラフィ:田中一光 Photograph copyright by The Irving Penn Foundation、アーヴィング・ペン「12 Apples」、ニューヨーク、1985年(顔料プリント)Copyright by The Irving Penn Foundation、会場写真 Photo: Masaya Yoshimura、会場写真 Photo: Masaya Yoshimura)

『アーヴィング・ペンと三宅一生 Visual Dialogue』ポスター(写真上:「Poppy: Glowing Embers」、ニューヨーク、1968年、写真下:「Flower Pleats (Issey Miyake Design)」、ニューヨーク、1990年 Photographs copyright by The Irving Penn Foundation
『アーヴィング・ペンと三宅一生 Visual Dialogue』ポスター(写真上:「Poppy: Glowing Embers」、ニューヨーク、1968年、写真下:「Flower Pleats (Issey Miyake Design)」、ニューヨーク、1990年 Photographs copyright by The Irving Penn Foundation
ISSEY MIYAKEコレクションポスター、1994年SS(写真:アーヴィング・ペン、ポスターデザイン・タイポグラフィ:田中一光 Photograph copyright by The Irving Penn Foundation
ISSEY MIYAKEコレクションポスター、1994年SS(写真:アーヴィング・ペン、ポスターデザイン・タイポグラフィ:田中一光 Photograph copyright by The Irving Penn Foundation
アーヴィング・ペン「12 Apples」、ニューヨーク、1985年(顔料プリント)Copyright by The Irving Penn Foundation
アーヴィング・ペン「12 Apples」、ニューヨーク、1985年(顔料プリント)Copyright by The Irving Penn Foundation
会場写真 Photo: Masaya Yoshimura
会場写真 Photo: Masaya Yoshimura
会場写真 Photo: Masaya Yoshimura
会場写真 Photo: Masaya Yoshimura
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談