ニュース

スウェーデンのTapeとテニスコーツが再びツーマンツアー、2枚目の共作アルバムも

スウェーデンの「Tape」とテニスコーツによるツアーが、11月に開催されることがわかった。また両者による共作アルバムが同月にリリースされる。

Tapeは、フォーキーかつエクスペリメンタルなサウンドを奏でるインストユニット。インディーレーベル「Hapna」を運営することでも知られる。今年は国内盤でのリリースも予定されているアルバム『Revelationes』をリリースし、実験的でありながら温もりや美しさを感じさせる音楽性の健在ぶりを示した。

対するテニスコーツは、さやと植野隆司によるユニット。今年は自身のレーベル「majikick」からアルバム『ときのうた』をリリースしているほか、10月にはジャド・フェアーとの共作『エンジョイ・ユア・ライフ』も発表される予定だ。

今回のツアーは、11月15日の東京・原宿のVACANT公演を皮切りに東京、名古屋、浜松、神戸で計5公演を行うもの。両ユニットがともにツアーをまわるのは、2008年以来3年ぶりとなる。チケットについては主催contraredeのオフィシャルサイトで確認して欲しい。

なお、Tapeとテニスコーツによるコラボレーション作品は、2007年の『タンタン・テラピー』に続く2作目。同作の詳細な発売日およびタイトルは未定となっている。こちらについては続報を待とう。

contrarede presents
『TAPE & TENNISCOATS Japan tour 2011』

NO IDEA x flau presents
『FOUNDLAND』
2011年11月15日(火)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 原宿VACANT
出演:
テニスコーツ
Tape
Tomi Lebrero
料金:3,500円 当日4,000円(共にドリンク別)

2011年11月16日(水)OPEN 19:00 / START 20:00
会場:東京都 六本木 スーパーデラックス
出演:
テニスコーツ
Tape
料金:3,500円 当日4,000円(共にドリンク別)

2011年11月17日(木)OPEN 19:00 / START 20:00
会場:愛知県 名古屋 K.Dハポン
出演:
テニスコーツ
Tape
料金:3,000円 当日3,500円(共にドリンク別)

『Fukugonji Fes x contrarede presents』
2011年11月18日(金)OPEN 18:30 / START 19:30
会場:静岡県 浜松市 福嚴寺
出演:
テニスコーツ
Tape
料金:2,500円 当日3,000円(共にドリンク別)

『塩屋音楽会 & contrarede presents』
2011年11月20日(日)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:兵庫県 神戸市 旧グッゲンハイム邸
料金:3,000円 当日3,500円

(画像上:テニスコーツ、画像下:Tape)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開