ニュース

石井聰互改め石井岳龍監督10年ぶり新作長編は前田司郎の不条理劇、主演は染谷将太

石井聰互改め石井岳龍による新作監督映画『生きてるものはいないのか』が、2012年2月18日から公開される。

映画『狂い咲きサンダーロード』『爆裂都市 BURST CITY』『逆噴射家族』などの代表作で知られ、国内外で大きな人気を誇る同監督。2000年に公開された『五条霊戦記 GOJOE』以来の劇場用長編映画となる『生きてるものはいないのか』は、劇団「五反田団」主宰の前田司郎による『第52回岸田國士戯曲賞』受賞作をもとに製作された作品となる。

同作は、病院が併設された大学のキャンパスを舞台に、平凡な日常のなかで突然死んでいく人々を描いた不条理コメディ。脱力したギャグと不謹慎な表現が全編を通じて飛び交うアナーキーな作品に仕上がっているという。

主演を務めるのは、園子温監督の『ヒミズ』に出演し、『第68回ベネチア国際映画祭』で最優秀新人賞を受賞した染谷将太。また、劇中音楽で田渕ひさ子(bloodthirsty butchers、LAMA、toddle)がギター演奏を担当しているという。

CINRA.NETでは、1月24日(火)18:45(開場18:35)から東京・渋谷のユーロスペースで行われる『生きてるものはいないのか』試写会(上映後、監督・出演者による舞台挨拶あり)に5組10名様をご招待いたします!

コチラのメールフォームから応募情報を入力の上、ご応募ください。当選は、試写会招待券の発送をもって替えさせていただきます(なお、ご応募いただいたメールアドレス宛に CINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2012年1月15日)

『生きてるものはいないのか』

2012年2月18日から公開
監督:石井岳龍
音楽:石井榛
ギター演奏:田渕ひさ子
出演:
染谷将太
高梨臨
白石廿日
飯田あさと
高橋真唯
田島ゆみか
池永亜美
札内幸太
長谷部恵介
師岡広明
羽染達也
青木英李
田中こなつ
渋川清彦
津田翔志朗
芹澤興人
杉浦千鶴子
村上淳
配給:ファントム・フィルム

(画像:映画『生きてるものはいないのか』)

映画『生きてるものはいないのか』
映画『生きてるものはいないのか』
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会