ニュース

アナログフィッシュが初ベスト盤&初ライブ盤を2枚組作品としてリリース

アナログフィッシュがベスト盤とライブ盤の2枚組アルバムを2012年3月7日にリリースすることがわかった。

今年9月リリースしたアルバム『荒野 / On the Wild Side』にて、プロテストソングという新たな方向へ歩み始めた同バンド。今回は初のベスト盤と、同じく初となるライブ盤を1つの作品として発表する。

ベスト盤には、過去に発表されたアルバムからの楽曲をレーベルの垣根を越えて収録。新曲と未発表曲も収録される予定だという。一方のライブ盤は、多くのファンから支持されているライブバンドとしてのアナログフィッシュが堪能できる作品となっている。作品の正式タイトル及び収録楽曲は後日発表とのこと。

また、2012年1月からは『Band on the Wild Side』と銘打ったツアーもスタート。チケットの一般発売は11月26日から開始される。なお、同ツアーのチケット発売にあわせて、日比谷野音でのライブから“PHASE”の動画が公開中だ。

アナログフィッシュ
『Analogfish Essence of 荒野 ~Best Tracks and Hibiya Yaon Live~(仮)』(CD2枚組)

2012年3月7日発売予定
価格:3,000円(税込)
felicity / PECF-1039 cap-137

アナログフィッシュ
『Band on the Wild Side』

2012年1月19日(木)OPEN 18:30 / STRAT 19:00
会場:福岡県 福岡 DRUM SON

2012年1月21日(土)OPEN 17:00 / STRAT 18:00
会場:大阪府 心斎橋 JANUS

2012年1月22日(日)OPEN 17:00 / STRAT 18:00
会場:愛知県 名古屋CLUB QUATTRO

2012年1月28日(土)OPEN 18:00 / STRAT 18:30
会場:宮城県 仙台 PARK SQUARE

2012年2月5日(日)OPEN 17:00 / STRAT 18:00
会場:東京都 渋谷CLUB QUATTRO

料金:全公演 前売3,500円(ドリンク別)

アナログフィッシュ
アナログフィッシュ
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで