indigo la Endの新作は『渚にて』、toe美濃が前作に引き続きMIX&録音担当

indigo la Endのミニアルバム『渚にて』が、9月5日にリリースされる。

同作は、今年4月に発表されたスペースシャワーネットワークによる新レーベル「eninal」の第1弾作品としてリリースされた『さようなら、素晴らしい世界』以来、約5ヶ月ぶりとなる新作。ライブの定番となっている“レナは朝を奪ったみたいだ”や、フォークロック的アプローチから徐々にエモーショナルな展開を見せる“渚にて幻”など全6曲が収録される。また、さらに表現力を増したポエトリーリーディングも聴きどころだ。レコーディングとミキシングは前作と同じく美濃隆章(toe)が手掛けている。

なお、同バンドは9月1日と2日に山梨の山中湖交流プラザきららで開催される野外ライブイベント『SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2012』『SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2012』の1日目に出演する。

indigo la End
『渚にて』

2012年9月5日発売
価格:1,500円(税込)
PECF-3027

1. 楽園
2. レナは朝を奪ったみたいだ
3. 海辺カラス
4. 渚にて幻
5. el.
6. 雫

(画像:indigo la End)

  • HOME
  • Music
  • indigo la Endの新作は『渚にて』、toe美濃が前作に引き続きMIX&録音担当

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて