空中ループ新作は『その光 -for a long time-』、24分大作曲と映像作品が融合

京都在住の4人組バンド「空中ループ」の新作『その光 -for a long time-』が、10月3日にリリースされる。

昨年10月に初のフルアルバム『空中ループ』をリリースした同バンド。約1年ぶりの新作『その光 -for a long time-』は、自主レーベル「transloop」からCDとDVDの2枚組でリリースされる。CDには彼らの初作品『LOOP ON LIFE』収録楽曲“その光”を24分にもおよぶ大作にアレンジした“その光 -for a long time-”と、DVD収録の短編映画のエンディングテーマ“夢の続きを”の2曲が収められる。なお、楽曲プロデュースは前作『空中ループ』に引き続きオオヤユウスケ(Polaris、Ohana、SPENCER)が手掛けている。

DVD収録の短編映画は、白いウサギの仮面を被った少女に導かれて見知らぬ街に迷い込んだ少年の物語を描いた作品。映像制作チーム「シネマズギックス」による映像と空中ループによる“その光 -for a long time-”が融合した内容になっている。同作の特設ページでは、メンバーによるセルフライナーノーツなどが公開されているので、あわせてチェックしてみよう。


空中ループ
『その光 -for a long time-』(CD+DVD)

2012年10月3日発売
価格:1,680円(税込)
DQC-961

[CD収録曲]
1. その光 -for a long time-
2. 夢の続きを
[DVD収録内容]
・『映画 その光 -for a long time-』(監督:馬杉雅喜)

amazonで購入する

(画像上から:空中ループ、空中ループ『その光 -for a long time-』ジャケット、©映画 その光-for a long time-製作委員会)

  • HOME
  • Music
  • 空中ループ新作は『その光 -for a long time-』、24分大作曲と映像作品が融合

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて