ニュース

岩井俊二の10年ぶり長編小説は放射能汚染で精子危機に陥った世界、記念トークも開催

岩井俊二の約10年ぶりとなる書き下ろし長編小説『番犬は庭を守る』が、1月27日に刊行される。

『番犬は庭を守る』は、10数年前に映画の企画として構想が明らかにされ、今回の小説版で初めて作品として発表されるもの。物語の舞台は、放射能に汚染され、精子の減少と劣悪化が深刻な問題になっている世界。主人公・ウマソーは、第2次性徴期を迎えても生殖器が大きくならずセックスができない、「小便小僧」と呼ばれる子供たちの1人。警備会社に就職したウマソーは、市長の娘に恋をした罰として廃炉になった原発を警備する任務につくことになるが、徐々に性器が失われていってしまう。

なお、同作の出版を記念したトークイベントが、1月24日に東京・渋谷のユーロスペースで開催。同イベントでは岩井本人が執筆秘話を明かすほか、来場者はサイン入りの『番犬は庭を守る』を発売日に先駆けて入手できる。チケットは『岩井俊二映画祭』のオフィシャルショップ「円都市場」で発売中。

CINRA.NET > 「起きてほしくない未来」を描く映画 岩井俊二×鈴木敏夫対談

『番犬は庭を守る』

2012年1月27日発売
著者:岩井俊二
価格:1,470円(税込)
発行:幻冬舎

amazonで購入する

『「番犬は庭を守る」前夜祭 出版記念トークライブ』

2012年1月24日(火)21:20~(開場21:10)
会場:東京都 渋谷 ユーロスペース
出演:岩井俊二
料金:3,000円(岩井俊二サイン入り『番犬は庭を守る』1冊の代金含む)

岩井俊二『番犬は庭を守る』表紙
岩井俊二『番犬は庭を守る』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く