特集 PR

「起きてほしくない未来」を描く映画 岩井俊二×鈴木敏夫対談

「起きてほしくない未来」を描く映画 岩井俊二×鈴木敏夫対談

テキスト・構成・撮影
CINRA編集部

東日本大震災の被災地である仙台出身の映画監督・岩井俊二の呼びかけで、「映画は世界に警鐘を鳴らし続ける」という映画特集が、日本映画専門チャンネルにて放送される。岩井が選んだ『生きものの記録』『日本沈没』『風が吹くとき』『ヒバクシャ HIBAKUSHA 世界の終わりに』『原子力戦争Lost Love』など、原発事故、原爆投下、地殻変動などの危機的状況をモチーフにした作品が1~2月に渡り放送される予定だ。震災を経たいま、これらの「警鐘を投げかけている作品」を観ると、これまでとは違った印象を受けるという岩井。このたび、岩井監督と、スタジオジブリを牽引してきた映画プロデューサーの鈴木敏夫による、対談番組収録時のトークを紹介する。ふたりは震災後に、過去の映画をどう解釈したのか。該博な知識に裏付けられたディープなトークをレポートする。

1970年代は、ものが自由に言えた時代(鈴木)

岩井:日本映画専門チャンネルで「映画は世界に警鐘を鳴らし続ける」という特集を組むことになりました。今回は黒澤明監督の映画『生きものの記録』などさまざまな作品を放映します。今回の作品ラインナップはいかがでしょうか?

鈴木:放映される作品の中で一番印象に残ったのは、『生きものの記録』ですね。震災後に改めて観ると、以前にくらべて「受け取る印象がこうも違うのか」と思いましたし、すごくリアリティがあった。黒澤っていう人は面白いなと、つくづく思いましたね。

岩井:確か『七人の侍』の翌年に製作され、脚本陣も同じチームで自信を持って作ったそうですが、お客さんは全然入らなかったそうですよ。

鈴木:たぶんそうでしょうね、三船敏郎は良かったけれど(笑)。メークアップも撮影も漫画っぽくしてあったりするけれど、今観ると言いたいこともはっきりしているからすごくリアリティがあって。多くの人に、今観てほしい作品です。

『生きものの記録』スチール ©1955 TOHO CO.,LTD.
『生きものの記録』スチール ©1955 TOHO CO.,LTD.

岩井:三船敏郎の芝居も黒澤作品の中では突出していて、『生きる』の志村喬もすごいですが、同じ老人でも全然違う。クライマックスなんて『乱』の仲代達矢を彷彿とさせる芝居を見せますよね。

鈴木:本来、黒澤監督は活劇ものやアクションものが得意ですが、突然に『羅生門』『わが青春に悔なし』のような毛色の違ったものを挟んでくる。例えば『羅生門』以前の映画は、ひたむきで一途な主人公がどのように成長していくのかを基本的に描いていたはずなのに、海外で賞をとってからは、本来得意だったモチーフに何か異質なものを混ぜて作るようになって。『生きものの記録』もその中の一本だったのかと思い知らされました。しかし、放射能を題材にした映画っていろいろあるんですね、今回の企画に触れて初めて知りました。

鈴木敏夫
鈴木敏夫

岩井:特に田原総一朗さん原作の映画『原子力戦争Lost Love』というのは、原子力村について真っ向から突っ込んで作られたものだと思いますが、1970年代は現代に比べて、起こった事件・事故などを映画化するときに、タブー感みたいなものはなかったのでしょうか?

鈴木:現代に比べると表現の自由があったと思います。例えば高倉健主演で『山口組三代目』という映画が1973年に製作されましたが、モデルは当時の現役の山口組組長・田岡一雄で、彼の自伝を映画化したわけです。新聞などでは公序良俗に反するのではないかと大騒ぎになりましたが、結局映画は製作され、公開直前には「話題騒然!」なんて新聞広告が出たりして(笑)。そう考えると、当時はあまりタブーがなかったのではないかと思うし、今に比べると自由にものが言えた時代だったんだと思います。『原子力戦争Lost Love』も実にストレートで、映画が政治的武器になるというか、ひとつの機能としてそういった側面があるということを理解しているように思いますし、それに乗っ取って作られたような作品ですね。

Page 1
次へ

番組情報

日本映画専門チャンネル×岩井俊二映画祭
『映画は世界に警鐘を鳴らし続ける』

2012年1月5日(木)から2月23日(木)毎週木曜日23:00から放送

1月放送作品
『生きものの記録』
『日本沈没』
『風が吹くとき』
『ヒバクシャ HIBAKUSHA 世界の終わりに』
『特別番組「岩井俊二×鈴木敏夫 特別対談(仮)」』
2月放送作品
『夢』
『空飛ぶゆうれい船』
『六ヶ所村ラプソディー』
『原子力戦争 Lost Love』
『特別番組「岩井俊二×坂本龍一 特別対談(仮)」』

プロフィール

岩井俊二

1963年生まれ。宮城県仙台市出身。1988年より、音楽ビデオとCATVの仕事からスタート。1993年、テレビドラマ『ifもしも~打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』で日本映画監督協会新人賞を映画監督デビュー前に受賞。その後映画へ進出し、1995年に『Love Letter』、1996年には長篇第2作目として、架空都市「円都」(イェンタウン)を舞台にしたサクセスストーリー『スワロウテイル』を発表。2001年には、2000年4月から7月にかけてインターネット上で、BBS(電子掲示板)のスタイルを使い、一般の人たちの対話の中から物語を展開していくインターネット小説『リリイ・シュシュのすべて』を自ら映画化。2003年ショートフィルム『花とアリス』をインターネット上で発表し翌年には長編映画『花とアリス』を劇場公開。2011年10月には東日本大震災を題材に、著名人のインタビューで構成したドキュメンタリー『friends after 3.11』を発表した。

鈴木敏夫

1948年生まれ。愛知県名古屋市出身。1972年に徳間書店に入社し、記者として「週刊アサヒ芸能」で執筆。児童少年編集部配属後に画期的なアニメ専門誌『アニメージュ』を創刊する。このとき宮崎駿と出会い、後に宮崎、高畑勲とアニメーション制作会社スタジオジブリを設立する。映画『おもひでぽろぽろ』『もののけ姫』など数々のヒット作をプロデュースし、映画『千と千尋の神隠し』は第75回アカデミー賞最優秀長編アニメ映画賞を受賞。2000年には『新世紀エヴァンゲリオン』などで知られる庵野秀明監督、岩井主演の実写映画『式日』を製作した。これまで鈴木が発表した文章や対談をまとめたドキュメントエッセイ『ジブリの哲学 変わるものと変わらないもの』が発売中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開