ニュース

尾崎豊の肉筆ノートを公開する特集記事が『小説新潮』に掲載、4月には単行本も刊行

尾崎豊の50冊以上にもおよぶ創作ノートの内容を公開する特集記事が、本日3月22日に刊行された月刊小説誌『小説新潮』4月号に掲載されている。

創作ノートは尾崎の遺族やプロデューサーの須藤晃が保管していたもので、今年2月の報道で存在が明らかにされた。今回の特集記事『尾崎豊NOTES 僕が僕であるために ―肉筆版―』では、96ページにわたり尾崎の手書きノートの内容を掲載。デビュー直前に心境を綴った文章や、デビュー曲“15の夜”や“I LOVE YOU”などの原型が記された創作メモ、東京拘置所の房内で書かれた歌詞などを、尾崎の肉筆で読むことができる。

なお、4月6日には単行本『NOTES 僕を知らない僕 1981-1992』が発売。こちらは50数冊におよぶノートの内容を活字に起こし、400ページ以上にわたって収録した内容となる。特集記事および単行本の特設サイトが公開されているので、こちらもチェックしてみよう。

『小説新潮』4月号


2012年3月22日発売
価格:1,000円(税込)
発行:新潮社

amazonで購入する

『NOTES 僕を知らない僕 1981-1992』

2012年4月6日発売
著者:尾崎豊
価格:1,890円(税込)
発行:新潮社

amazonで購入する

(画像:『小説新潮』4月号表紙 新潮社提供)

『小説新潮』4月号表紙(新潮社提供)
『小説新潮』4月号表紙(新潮社提供)
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

サニーデイ・サービス “Tシャツ”

6月にストリーミング配信オンリーでリリースされたアルバム『Popcorn Ballads』から“Tシャツ”のPVが公開。約1分のロックチューンに合わせた、スピード感ある清々しい映像。劇中で強制着用させられる「サニーデイサービス」TシャツはROSE RECORDSのオンラインショップで予約販売中。曽我部恵一の愛犬・コハルちゃんが送る眼差し、においを嗅ぐ姿に悶絶。(川浦)