ニュース

『フェスティバル/トーキョー』のフリーペーパー『TOKYO/SCENE』が配布中

舞台芸術の祭典『フェスティバル/トーキョー(F/T)』によるフリーペーパー『TOKYO/SCENE』が刊行された。

全国の劇場や美術館、書店、カフェなどで配布される『TOKYO/SCENE』は、観客と『F/T』を繋ぐ目的で刊行された批評メディア。10月27日から開催される『F/T12』の各プログラムと連動しながら、会期終了後まで全4号が配布される予定だ。

現在配布されている第1号では、『F/T12』で戯曲作品が3つのプログラムで上演される予定のノーベル賞作家エルフリーデ・イェリネクの特集記事のほか、映画監督の諏訪敦彦や小説家の玄侑宗久、音楽家の三輪眞弘などの著名人や、論客との対談などが掲載される。また、編集は影山裕樹とフェスティバル/トーキョー実行委員会事務局が手掛けているほか、表紙の写真は畠山直哉、アートディレクションとデザインは佐藤直樹と中澤耕平(ASYL)が担当している。配布場所は『F/T』のオフィシャルサイトを参照して欲しい。

『F/T12』は、10月27日から11月25日までの約1ヶ月間にわたり、東京・池袋の東京芸術劇場をはじめ、西巣鴨・にしすがも創造舎、東池袋・あうるすぽっとなど複数会場で開催。今年は「ことばの彼方へ」をコンセプトに掲げ、国内外の舞台芸術や関連企画を展開していく。オフィシャルサイトで全プログラムが発表されているので、こちらもチェックしてみよう。

『フェスティバル/トーキョー12(F/T12)』

2012年10月27日(土)~11月25日(日)
会場:
東京都 池袋 東京芸術劇場
東京都 東池袋 あうるすぽっと
東京都 東池袋 シアターグリーン
東京都 西巣鴨 にしすがも創造舎
東京都 池袋 池袋西口公園
東京都 目黒 The 8th Gallery(CLASKA 8F)
※実施プログラムはオフィシャルサイト参照

(画像:『フェスティバル/トーキョー12(F/T12)』表紙)

『フェスティバル/トーキョー12(F/T12)』表紙
『フェスティバル/トーキョー12(F/T12)』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間 1

    BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間

  2. VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら 2

    VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら

  3. YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行 3

    YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行

  4. 著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送 4

    著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送

  5. 芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役 5

    芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役

  6. 星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア 6

    星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア

  7. 森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース 7

    森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース

  8. 田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催 8

    田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催

  9. のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』 9

    のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』

  10. もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー 10

    もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー