ニュース

『フェスティバル/トーキョー』のフリーペーパー『TOKYO/SCENE』が配布中

舞台芸術の祭典『フェスティバル/トーキョー(F/T)』によるフリーペーパー『TOKYO/SCENE』が刊行された。

全国の劇場や美術館、書店、カフェなどで配布される『TOKYO/SCENE』は、観客と『F/T』を繋ぐ目的で刊行された批評メディア。10月27日から開催される『F/T12』の各プログラムと連動しながら、会期終了後まで全4号が配布される予定だ。

現在配布されている第1号では、『F/T12』で戯曲作品が3つのプログラムで上演される予定のノーベル賞作家エルフリーデ・イェリネクの特集記事のほか、映画監督の諏訪敦彦や小説家の玄侑宗久、音楽家の三輪眞弘などの著名人や、論客との対談などが掲載される。また、編集は影山裕樹とフェスティバル/トーキョー実行委員会事務局が手掛けているほか、表紙の写真は畠山直哉、アートディレクションとデザインは佐藤直樹と中澤耕平(ASYL)が担当している。配布場所は『F/T』のオフィシャルサイトを参照して欲しい。

『F/T12』は、10月27日から11月25日までの約1ヶ月間にわたり、東京・池袋の東京芸術劇場をはじめ、西巣鴨・にしすがも創造舎、東池袋・あうるすぽっとなど複数会場で開催。今年は「ことばの彼方へ」をコンセプトに掲げ、国内外の舞台芸術や関連企画を展開していく。オフィシャルサイトで全プログラムが発表されているので、こちらもチェックしてみよう。

『フェスティバル/トーキョー12(F/T12)』

2012年10月27日(土)~11月25日(日)
会場:
東京都 池袋 東京芸術劇場
東京都 東池袋 あうるすぽっと
東京都 東池袋 シアターグリーン
東京都 西巣鴨 にしすがも創造舎
東京都 池袋 池袋西口公園
東京都 目黒 The 8th Gallery(CLASKA 8F)
※実施プログラムはオフィシャルサイト参照

(画像:『フェスティバル/トーキョー12(F/T12)』表紙)

『フェスティバル/トーキョー12(F/T12)』表紙
『フェスティバル/トーキョー12(F/T12)』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も 1

    こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も

  2. 野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真 2

    野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真

  3. 『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ 3

    『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ

  4. 高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化 4

    高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化

  5. 『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送 5

    『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送

  6. 宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁 6

    宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁

  7. King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」 7

    King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」

  8. ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM 8

    ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM

  9. 『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示 9

    『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示

  10. 中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生 10

    中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生