ニュース

14作家から人間の内面世界を照らす、展覧会『ソンエリュミエール、そして叡智』

人間の内面世界に光をあてる展覧会『ソンエリュミエール、そして叡智』が、9月15日から石川・金沢21世紀美術館で開催される。

同展は、今年4月から金沢21世紀美術館で展開中のテーマ展『ソンエリュミエール』の第二章として開催。現代を先鋭的に切り取る14作家の作品群から、知性や感情、意志といった人間特有の内面世界や、人間のもつ闇や絶望、世界の有り様などを探っていく。出展作家は、Chim↑Pom、フランシスコ・デ・ゴヤ、木村太陽、鈴木ヒラク、ペーター・フィッシュリ ダヴィッド・ヴァイス、ジェイク&ディノス・チャップマン、奈良美智、ラファエル・ロサノ=ヘメル、梅田哲也、村上隆、草間彌生、ピピロッティ・リスト、パトリック・ブラン、日比野克彦の14組。また、会期中には講演やトークイベント、パフォーマンスなども開催される。詳細は金沢21世紀美術館のオフィシャルサイトで確認しよう。

なお、第一章にあたるコレクション展『ソンエリュミエール ―物質・移動・時間』が、11月4日まで開催中。同展では、秋山陽、粟津潔、ヤン・ファーブル、岸本清子、ゴードン・マッタ=クラーク、カールステン・ニコライ、ゲルハルト・リヒター、サイトウ・マコト、田嶋悦子、マグナス・ヴァリン、アンディ・ウォーホルらの作品が展示されている。

展覧会タイトルにある「ソンエリュミエール」とは、フランス語で「音と光」を意味し、また、出展作家のペーター・フィッシュリ ダヴィッド・ヴァイスによる彫刻作品『音と光 ―緑の光線』を典拠にしているという。

『ソンエリュミエール、そして叡智』

2012年9月15日(土)~2013年3月17日(日)
会場:石川県 金沢21世紀美術館
時間:10:00~18:00(金、土曜は20:00まで)
休館日:月曜(ただし9月17日、10月8日、12月24日、1月14日、2月11日は開館)、9月18日、12月4日~12月13日、12月25日、12月29日~1月1日、1月15日、2月12日
出展:
Chim↑Pom
フランシスコ・デ・ゴヤ
木村太陽
鈴木ヒラク
ペーター・フィッシュリ ダヴィッド・ヴァイス
ジェイク&ディノス・チャップマン
奈良美智
ラファエル・ロサノ=ヘメル
梅田哲也
村上隆
草間彌生
ピピロッティ・リスト
パトリック・ブラン
日比野克彦
料金:
当日 一般1,000円 大学生・65歳以上800円 小中高生400円
前売・団体 一般800円 大学生600円 小中高生300円

『アーティスト・トーク』
2012年9月15日(土)13:30~17:00(開場12:30)
会場:石川県 金沢21世紀美術館 レクチャーホール
出演:
秋山陽
木村太陽
サイトウ・マコト
田嶋悦子
Chim↑Pom
ほか
定員:先着60名
料金:無料(当日の同展観覧券が必要)

『梅田哲也パフォーマンス』
2012年9月15日(土)18:00~
会場:石川県 金沢21世紀美術館 展示室内
定員:先着60名
料金:無料(当日の同展観覧券が必要)
※詳細は決定次第金沢21世紀美術館ウェブサイトにて発表

『「サンセット~サンライズ・アーク」光庭プロジェクト特別講演会』
2012年9月30日(日)14:00~17:00
会場:石川県 金沢21世紀美術館 レクチャーホール
講師:
パトリック・ブラン
日比野克彦
モデレーター:北出智恵子(金沢21世紀美術館、本展キュレーター)
定員:先着60名
料金:無料(当日の同展観覧券が必要)

『ソンエリュミエール ― 物質・移動・時間』

2012年4月28日(土)~11月4日(日)
時間:10:00~18:00(金、土曜は20:00まで)
休館日:月曜、7月17日、9月18日(ただし4月30日、7月16日、8月13日、9月17日、10月8日は開館)
出展:
秋山陽
粟津潔
ヤン・ファーブル
ペーター・フィッシュリ ダヴィッド・ヴァイス
木村太陽
岸本清子
草間彌生
ゴードン・マッタ=クラーク
カールステン・ニコライ
ゲルハルト・リヒター
サイトウ・マコト
田嶋悦子
マグナス・ヴァリン
アンディ・ウォーホル
料金:一般350円 大学生・65歳以上280円 小中高生無料

(画像上:ペーター・フィッシュリ ダヴィッド・ヴァイス『音と光ー緑の光線』1990 フラッシュライト、回転台、プラスチック製コップ、テープ H25×W40×D16cm 金沢21世紀美術館蔵 ©Peter FISCHLI David WEISS 撮影:渡邉修、画像中:フランシスコ・デ・ゴヤ『「ロス・カプリチョス」62番 一体、誰が信じるだろうか』1797-98 エッチング、アクアティント、ビュラン/紙 H20.5×W15.0 cm 大湊神社蔵 撮影:渡邉修、画像下:Chim↑Pom『SUPER RAT』2011-12 ©2011 Chim↑Pom Courtesy of MUJIN-TO Production, Tokyo)

ペーター・フィッシュリ ダヴィッド・ヴァイス『音と光ー緑の光線』1990 フラッシュライト、回転台、プラスチック製コップ、テープ H25×W40×D16cm 金沢21世紀美術館蔵 ©Peter FISCHLI David WEISS 撮影:渡邉修
ペーター・フィッシュリ ダヴィッド・ヴァイス『音と光ー緑の光線』1990 フラッシュライト、回転台、プラスチック製コップ、テープ H25×W40×D16cm 金沢21世紀美術館蔵 ©Peter FISCHLI David WEISS 撮影:渡邉修
フランシスコ・デ・ゴヤ『「ロス・カプリチョス」62番 一体、誰が信じるだろうか』1797-98 エッチング、アクアティント、ビュラン/紙 H20.5×W15.0 cm 大湊神社蔵 撮影:渡邉修
フランシスコ・デ・ゴヤ『「ロス・カプリチョス」62番 一体、誰が信じるだろうか』1797-98 エッチング、アクアティント、ビュラン/紙 H20.5×W15.0 cm 大湊神社蔵 撮影:渡邉修
Chim↑Pom『SUPER RAT』2011-12 ©2011 Chim↑Pom Courtesy of MUJIN-TO Production, Tokyo
Chim↑Pom『SUPER RAT』2011-12 ©2011 Chim↑Pom Courtesy of MUJIN-TO Production, Tokyo
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢 1

    KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢

  2. 木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM 2

    木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM

  3. Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る 3

    Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る

  4. 山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里 4

    山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里

  5. 綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像 5

    綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像

  6. キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM 6

    キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM

  7. 『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録 7

    『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録

  8. 吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに 8

    吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに

  9. 緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表 9

    緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表

  10. ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材 10

    ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材