安吾原作映画『戦争と一人の女』、江口のりこと永瀬正敏が魅せる戦争の不条理とエロス

坂口安吾原作の映画『戦争と一人の女』が、ゴールデンウィークに東京・テアトル新宿で公開される。

同作は、若松孝二の弟子である脚本家の井上淳一がメガホンをとった長編デビュー映画。太平洋戦争末期から終戦後の東京を舞台に、同棲生活の中で絶望と虚無から貪るように互いの体を求める飲んだくれの作家と元遊女の女、さらに中国戦線で片腕を失い精神的後遺症を患った帰還兵の3人の運命が、戦後直後の混乱の中で交錯していく様子を描いた作品だ。

キャストには、坂口安吾自身を模した作家役の永瀬正敏、飲み屋の女将役の江口のりこ。帰還兵役の村上淳、下世話な市井のオヤジ役の柄本明を迎えている。脚本は若松プロ出身である荒井晴彦と中野太、音楽は『ユリイカ』などで知られる監督・青山真治、録音監修に橋本文雄、そして同作で初の企画・プロデュースを手がけた元文部科学省官僚で映画評論家の寺脇研など、映画界で名を馳せる面々が製作に参加している。

井上監督は同作について「これは戦争シーンのない戦争映画です。戦争は人間の命や体だけでなく、心さえも損ないます。若松孝二の遺伝子を受け継ぐ者として、それを描くことこそが、右傾化が懸念されるこの国で今最も必要だと確信しています」とコメントしている。

『戦争と一人の女』

2013年GWよりテアトル新宿にて公開
監督:井上淳一
脚本:荒井晴彦、中野太
原作:坂口安吾
音楽:青山真治、山田勳生
出演:
江口のりこ
永瀬正敏
村上淳
柄本明
配給:ドッグシュガームービーズ

(画像:©戦争と一人の女製作運動体)

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 安吾原作映画『戦争と一人の女』、江口のりこと永瀬正敏が魅せる戦争の不条理とエロス

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて