中村恩恵、鈴木ユキオ、平原慎太郎、内橋和久によるダンス公演、舞台は円形劇場

中村恩恵、鈴木ユキオ、平原慎太郎と内橋和久による公演『ASLEEP TO THE WORLD』が、3月7日から3月10日まで東京・青山円形劇場で上演される。

世界的に活躍するコンテンポラリーダンサー・振付家の中村恩恵が振付を手掛ける同公演には、舞踏家の室伏鴻作品などにも主演経験を持つ鈴木ユキオ、クラシックバレエやヒップホップ、コンテンポラリーダンスのキャリアを経て現在はコンドルズなどでも活動する平原慎太郎の2人がダンサーとして登場。様々な音楽を即興演奏で奏でるギタリスト・作曲家の内橋和久によるライブと、ダンスの饗宴を堪能することができそうだ。

タイトルの「ASLEEP TO THE WORLD」とは、ペルシャの詩人ルーミーの詩からとられており、東洋と西洋という異質の文化が交差したルーミーの世界を媒介に、身体の中に宿る魂が感受する様々な物語を紡ぐという。なお、同公演は、振付家やアーティストが青山円形劇場の空間を生かした作品を、一定期間レジデンスして創作する「TOKYO DANCE TODAYシリーズ」として製作される。


『「ASLEEP TO THE WORLD」TOKYO DANCE TODAY #8』

2013年3月7日(木)~3月10日(日)
会場:東京都 こどもの城 青山円形劇場
振付:中村恩恵
共同振付・出演:鈴木ユキオ、平原慎太郎
音楽・演奏:内橋和久
料金:前売3,700円 当日4,200円

(画像:『ASLEEP TO THE WORLD』 Photo: Shingo Shimizu、中村恩恵 Photo: Shingo Shimizu、内橋和久 Photo: Shingo Shimizu)

  • HOME
  • Stage
  • 中村恩恵、鈴木ユキオ、平原慎太郎、内橋和久によるダンス公演、舞台は円形劇場

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて