次世代担う『日産アートアワード』ファイナリスト展、現代美術作家8人が新作制作

次世代を担うアーティストに贈られる賞『日産アートアワード』の候補作品を紹介する展覧会が、9月18日から神奈川・横浜のBankART Studio NYKで開催される。

今年で創立80周年を迎える日産自動車が新たに創設した同アワードは、日産の企業ビジョンである「人々の生活を豊かに」に基づき、ユニークでグローバルな視点を持つアーティストに贈られるもの。初開催となる今年は現代アートと対象としており、ファイナリストの安部典子、小泉明郎、篠田太郎、鈴木ヒラク、西野達、増山裕之、宮永愛子、渡辺英司がそれぞれ新作を制作。1名がグランプリに選ばれる。

審査員は南條史生(森美術館館長)、逢坂恵理子(横浜美術館館長)、ホァン・ドゥ(インディペンデントキュレーター)、ジャン・ド・ロワシー(パレ・ド・トーキョー館長)、ローレンス・リンダー(カリフォルニア大学バークレー美術館 パシフィック・フィルム・アーカイブ館長)の5人。グランプリは展覧開会期中の9月25日に発表される予定だ。


イベント情報

『日産アートアワード』

2013年9月18日(水)~11月4日(月・祝)
※9月25日はイベント開催のため一般入場は不可
会場:神奈川県 横浜 BankART Studio NYK / Mini Gallery(1F)+2F
時間:11:30~19:00

ファイナリスト:
安部典子
小泉明郎
篠田太郎
鈴木ヒラク
西野達
増山裕之
宮永愛子
渡辺英司
審査員:
南條史生(森美術館館長)
逢坂恵理子(横浜美術館館長)
ホァン・ドゥ(インディペンデントキュレーター)
ジャン・ド・ロワシー(パレ・ド・トーキョー館長)
ローレンス・リンダー(カリフォルニア大学バークレー美術館 パシフィック・フィルム・アーカイブ館長)

料金:無料

(画像上から:安部典子『To Perfect Lovers: Felix Gonzalez-Torres』Kiru, - Artist Books, Linear-Actions Cutting Project, The FLAG Art Foundation, NY 2010 Photo by Tsukasa Yokozawa ©Noiko Ambe Courtesy of SCAI THE BATHHOUSE、小泉明朗『Portrait of a Young Samurai』 Multi-channel video installation, 9min, 2009 photo ©Meiro Koizumi, Courtesy PinchukArtCenter, photo by Segey Illin、西野達『Discovering Columbus』 2012 photo Go Sugimoto、鈴木ヒラク『road』 2010年 反射鏡、ミクスドメディア 600 x 600 x 600cm 展示風景:森美術館 Photo by Keizo Kioku Courtesy: Mori Art Museum ©Hiraku Suzuki、宮永愛子『waiting for awakening -shoes-』2013 Naphthalene, resin, mixed media 15x22x15.5cm photo: MIYAJIMA Kei ©MIYANAGA Aiko Courtesy Mizuma Art Gallery)

  • HOME
  • Art,Design
  • 次世代担う『日産アートアワード』ファイナリスト展、現代美術作家8人が新作制作

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて