特集 PR

世界との間にそびえ立つ「壁」。日本の「現代アート」事情レポ

世界との間にそびえ立つ「壁」。日本の「現代アート」事情レポ

インタビュー・テキスト
CINRA.NET編集部

日本の気鋭アーティストに、海外のアートシーンとの「つながり」をもたらし、「さらなる飛躍の契機」を与えること。自動車メーカーの日産が2013年に設立した『日産アートアワード』が目指すのは、このことだ。その背景には、『ラグビーワールドカップ』での日本代表の南アフリカに対する歴史的勝利、日本人科学者による『ノーベル賞』の受賞ラッシュなど、海外での日本人の活躍が目立つ昨今にあって、欧米を中心とした海外のシーンで大きなインパクトのある活動を行えるアーティストがごくわずかという、日本のアートをめぐる状況がある。

メディアで扱われる機会も増え、一般の人々による関心も高まって来ているように感じられる「現代アート」。なおそびえ立つ、「本場=欧米」と「辺境=日本」の間にある「壁」とは何なのか? 『日産アートアワード2015』のファイナリスト7名(秋山さやか、久門剛史、石田尚志、岩崎貴宏、ミヤギフトシ、毛利悠子、米田知子)と、審査員長を務めた森美術館館長・南條史生、さらに候補の選出に携わったアートのスペシャリストからなる審査委員・推薦委員の面々に、この「壁」をめぐる質問を投げかけた。国内外の現場を深く知る、彼らの目に映る「日本のアートの現状と問題点」とは?

(メイン画像:岩崎貴宏『Out of Disorder (Cony Island)》2012年 ©Takahiro Iwasaki Courtesy of ARATANIURANO)

カルロス・ゴーンが、車だけでなく、アーティストも国際的なステージへと導く

ここ数十年の日本人アーティストで、もっとも海外で成功した例は、言うまでもなく村上隆のそれだろう。国際基準のアートの闘い方を徹底的に分析し、日本画や日本のサブカルチャーに見られる独自の視覚性を示した概念「スーパーフラット」を考案。そのコンセプトを引っさげてニューヨークやパリなどで開催された3つの展覧会「スーパーフラット3部作」で欧米のシーンに殴り込みをかけた。これまで数名の現代アーティストしか選ばれていないヴェルサイユ宮殿での展示を成功させ、アート界で影響力のある人物を毎年選出するイギリスのアート誌『Art Review』の企画「THE POWER 100」の常連になるなど、その「成功エピソード」は、枚挙にいとまがない。

岩崎貴宏『リフレクション・モデル [左]瑠璃 [中]銀閣 [右]金閣』2014年 撮影:三嶋一路 ©Takahiro Iwasaki Courtesy of ARATANIURANO
岩崎貴宏『リフレクション・モデル [左]瑠璃 [中]銀閣 [右]金閣』2014年 撮影:三嶋一路 ©Takahiro Iwasaki Courtesy of ARATANIURANO

そんな村上が著書やメディアを通して伝え続けているのが、日本と海外のアートに対する認識の「落差」、より端的に言えば「日本(人)のダメさ」だ。その挑発的な語りには反発する声も多いが、「現代アート」と呼ばれる文化の主流が欧米にあるかぎり、そこで成功を収めている彼の発言をまるで無視するわけにはいかない。そして実際、日本の若手や中堅作家による海外での優れた挑戦が近年多くあるのは承知の上で、村上以降、国際的なアートシーンに彼ほどのインパクトで認知された作家がいたかと言えば、いない。

「本アワードをとおして、日本の才能豊かなアーティストたちを国際的なステージへと導きたい」。日産自動車株式会社CEOであり、1990年代末、経営不振に陥っていた同社を再生へと導いた立役者カルロス・ゴーンが『日産アートアワード』にあたり述べた上記の一言の背景には、そのような日本のアートの現状に対する認識があったのではないだろうか。「クオリティーは高い」という声が海外から上がる状況にもかかわらず、国際的なアートシーンでの成功者と呼べる存在が、村上や、20世紀半ばからアメリカで独自の活動を始めた草間彌生、古今東西の芸術のエッセンスを詰め込んだコンセプチュアルな作品で知られる杉本博司など限られた数しかいない。だからまず「増やす」ことに貢献したい、という意図は少なからずあるようにも感じる。

石田尚志《燃える椅子》2013年 シングルチャンネル•ビデオ © 2013 Takashi Ishida
石田尚志『燃える椅子』2013年 シングルチャンネル•ビデオ © 2013 Takashi Ishida

審査員に海外の美術館館長を5人も並べることのメリット

そのためだろうか。PR活動に終始しがちな印象もある企業主導のアート賞が林立するなか、『日産アートアワード』の特色はその支援の「直接性」にあるように思われる。まず、国内外で数多くのアートプロジェクトを手がけてきた日本を代表するキュレーターであり森美術館館長の南條史生をはじめ、フランスやニュージーランド、イギリス、シンガポールの有名美術館の館長が5人も揃った審査委員の面々がそれだ。

毛利悠子『アーバン・マイニング──『春の祭典』のための』2014年 撮影:片岡陽太
毛利悠子『アーバン・マイニング──『春の祭典』のための』2014年 撮影:片岡陽太

推薦委員の水戸芸術館現代美術センター主任学芸員の高橋瑞木が言うように、こうした海外キュレーターが「審査の過程で複数の日本人アーティストの仕事を知ること」は、それ自体に大きな意味がある。また金銭面の支援も大きい。ファイナリスト7名には選出段階でそれぞれ賞金100万円と、今年11月14日から開催される「BankART Studio NYK」での展覧会に向けた制作費100万円が提供。同展での最終審査を経てグランプリに選ばれると、賞金200万円に加え、ロンドンの老舗アート施設「カムデン・アーツ・センター」のサポートのもと、2か月のロンドン滞在機会とそれに関わる渡航費や研究費用など、計500万円相当(制作費除く)が提供されるという。世界のアートシーンを牽引する関係者との交流がアーティストにとって刺激になるのはもちろんのこと、こうした生々しくも現実的な支援が、経済的に困窮しがちな若い作り手の助けになることは言うまでもない。

だが、ここで考えたいのは、そんな「アワード」のあり方だけでなく、そのような支援が必要とされるのはなぜか? 「日本人アーティストの国際的な認知」の障壁となっているものは何なのか? といったことである。

Page 1
次へ

イベント情報

『日産アートアワード2015 ファイナリスト7名による新作展』

2015年11月14日(土)~12月27日(日)
会場:神奈川県 日本大通り BankART Studio NYK 2F
時間:11:00~19:00(11月24日はイベント開催のため、一般入場ができません)
料金:無料

『ファイナリスト7名によるアーティストトーク』
2015年11月14日(土)、11月21日(土)、11月22日(日)15:00~
会場:神奈川県 日本大通り BankART Studio NYK 2F
出演:
11月14日(土)岩崎貴宏、久門剛史、毛利悠子
11月21日(土)秋山さやか、石田尚志
11月22日(日)米田知子、ミヤギフトシ
料金:無料(各回定員40名、要事前申し込み)

『グランプリ・アーティストによるトーク』
2015年11月28日(土)11:30~12:30
ゲスト:飯田志保子(キュレーター / 東京藝術大学美術学部先端芸術表現科准教授)
料金:無料(定員40名、要事前申し込み)

『ギャラリーガイドツアー』
2015年11月14日(土)、11月21日(土)、11月28日(土)、12月5日(土)、12月12日(土)、12月19日(土)、12月26日(土)13:00~13:45
料金:無料(各回先着20名)

※出演者、スケジュールは諸般の事情で予告無く変更する場合があります。

インフォメーション

『日産アートアワード』(にっさんあーとあわーど)

才能ある日本人アーティストをグローバルな視点で選抜し、アートシーンでプレゼンスを高めることを後押しすると共に、日本現代美術の軌跡を後世に残し、人々がアートに親しむ社会作りを目的に、隔年で開催される現代美術のアワード。2015年は、推薦委員により選ばれた33名のアーティストの中から、国際審査委員がファイナリストを選出。横浜のBankART Studio NYKにて11月に開催される展覧会と最終審査を経て、11月24日にグランプリが決定する。受賞者には、その後のアーティスト活動が海外のアートシーンに直接のつながりを持ち、さらなる飛躍の契機となることを期待し、賞金に加えて、ロンドンの歴史あるアートセンター「カムデン・アーツ・センター」の協力を得ながら、2か月間にわたるロンドン滞在の機会を提供する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

NIHA-C“リーダー”

ヒップホップに屋上はよく似合う。それがたとえグラフィティーが描かれていない、日本の屋上だとしても。決して絵に描いたような不良ではないNIHA-Cも、それは例外ではない。むしろ、彼から出てくる<お前がお前のリーダーだろ やりたいことやって良いんだよ>と「自由」をピースフルに語る言葉には、背景に広がる青空がとてもマッチしている。(久野)

  1. アメリカのユネスコ脱退にニューヨーク・メトロポリタン美術館が声明発表 1

    アメリカのユネスコ脱退にニューヨーク・メトロポリタン美術館が声明発表

  2. カズオ・イシグロ原作ドラマ『わたしを離さないで』が地上波で連日再放送 2

    カズオ・イシグロ原作ドラマ『わたしを離さないで』が地上波で連日再放送

  3. 高橋一生と二人鍋気分が味わえる動画公開 Mizkan『一生さんと〆チェン』 3

    高橋一生と二人鍋気分が味わえる動画公開 Mizkan『一生さんと〆チェン』

  4. 有安杏果に取材。ももクロとは異なる、ソロで見せる大人びた一面 4

    有安杏果に取材。ももクロとは異なる、ソロで見せる大人びた一面

  5. CINRAが贈る新イベント『CROSSING CARNIVAL』 12月に渋谷2会場で初開催 5

    CINRAが贈る新イベント『CROSSING CARNIVAL』 12月に渋谷2会場で初開催

  6. 柳楽優弥と有村架純がWOWOW新CMで初共演 柳楽は謎の鼻歌男に 6

    柳楽優弥と有村架純がWOWOW新CMで初共演 柳楽は謎の鼻歌男に

  7. ZAZEN BOYSからベース・吉田一郎が脱退「あらたな一個の肉の塊」に 7

    ZAZEN BOYSからベース・吉田一郎が脱退「あらたな一個の肉の塊」に

  8. 香取慎吾がアート展に作家として登場 「新しいこと、始まってます」 8

    香取慎吾がアート展に作家として登場 「新しいこと、始まってます」

  9. 木村拓哉が初の刑事役&長澤まさみと初共演 映画『マスカレード・ホテル』 9

    木村拓哉が初の刑事役&長澤まさみと初共演 映画『マスカレード・ホテル』

  10. 歌う心理カウンセラー心屋仁之助、苛立ち疲弊する日本人に助言 10

    歌う心理カウンセラー心屋仁之助、苛立ち疲弊する日本人に助言