9人の写真家が捉えた70年代の東京とは、森山大道の初公開作品も展示する『TOKYO 1970』

1970年代の東京を捉えた写真展『TOKYO 1970 by Japanese Photographers 9』が、10月5日から東京・銀座のアルマーニ / 銀座タワー9階で開催される。

長澤章生(Akio Nagasawa Publishing)がキュレーションを手掛ける同展では、高度経済成長期の中でめざましい発展を遂げ、文化の領域でも激動期にあたる1970年代の東京をモチーフにした写真作品を展示。出展作品は、森山大道の『写真よさようなら』シリーズから初公開される未発表作品をはじめ、有田泰而、沢渡朔、須田一政、立木義浩、寺山修司、内藤正敏、細江英公、渡辺克巳の約300点となる。なお、出展作品は購入も可能だ。

会期中には沢渡朔によるポートレート撮影会、須田一政の撮影会と講評会、森山大道作品のシルクスクリーンワークショップ、内藤正敏と思想家の中沢新一によるトークイベントも開催。参加方法の詳細は同展のオフィシャルサイトで確認しよう。


イベント情報

『TOKYO 1970 by Japanese Photographers 9』

2013年10月5日(土)~10月29日(火)
会場:東京都 銀座 アルマーニ / 銀座タワー9階
時間:月~金曜11:00~20:00 土・日曜、祝日11:00~18:00(入場は閉館の30分前まで)
出品作家:
有田泰而
沢渡朔
須田一政
立木義浩
寺山修司
内藤正敏
細江英公
森山大道
渡辺克巳
料金:800円
※小学生以下無料

『沢渡朔によるポートレート撮影会』
2013年10月5日(土)12:00~18:00
会場:東京都 銀座 アルマーニ / 銀座タワー9階
定員:30名
料金:30,000円

『須田一政とぶらぶら歩き ~撮影&講評会~』
2013年10月12日(土)13:00~16:00、10月20日(日)19:30~21:30
会場:東京都 銀座 アルマーニ / 銀座タワー9階
定員:30名
料金:15,000円

『森山大道作品のシルクスクリーンワークショップ』
2013年10月19日(土)11:00~18:00、10月20日(日)11:00~17:30
会場:東京都 銀座 アルマーニ / 銀座タワー9階
定員:各日100名
料金:10,000円

『内藤正敏×中沢新一 トークセミナー「都市の中の異界」』
2013年10月20日(日)14:00~15:30
会場:東京都 有楽町 朝日ホール
定員:300名
料金:3,000円(展覧会入場券付き)

(画像上から:森山大道『写真よさようなら』、寺山修司『摩訶不思議な客人』、細江英公『シモン 私風景』、須田一政『わが東京100』、内藤正敏『東京』)

  • HOME
  • Art,Design
  • 9人の写真家が捉えた70年代の東京とは、森山大道の初公開作品も展示する『TOKYO 1970』

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて