DVD付き書籍『チームラボって、何者?』、代表作8作品の映像も収録

チームラボのDVD付き書籍『チームラボって、何者?』が、本日12月19日に刊行された。

代表の猪子寿之を中心に、プログラマーやエンジニア、数学者、建築家、デザイナー、CGアニメーター、イラストレーター、編集者など、各分野のスペシャリストから構成されるチームラボ。同書では、伊藤若冲の『鳥獣花木図屏風』をモチーフにし作品『Nirvana』を中心に、日本の空間認識や論理構造とデジタルテクノロジーを融合させたチームラボならではの作品作りや世界観、思考などを紐解いていく。

書籍では、美術史家・山下裕二と猪子の対談や『Nirvana』制作の解説に加え、代表的なアート作品やプロダクトなどを紹介。DVDには、書籍に登場する作品をDVD用に一部を再構成した映像が、約38分間にわたって収録されている。

DVD収録作品は、『Nirvana』『世界は、統合されつつ、分割もされ、繰り返しつつ、いつも違う』『東京スカイツリーの壁画(隅田川デジタル絵巻)』『憑依する滝』『花と屍 剝落 十二幅対』『百年海図巻 アニメーションのジオラマ』『生命は生命の力で生きている』『秩序がなくともピースは成り立つ』の8作品となる。

なお、チームラボとアウディによる展覧会『teamLab exhibit at Audi Forum Tokyo』が、1月5日まで東京・表参道のAudi Forum Tokyoで開催中だ。

書籍情報

『チームラボって、何者?』

2013年12月19日発売
監修:猪子寿之
価格:2,940円(税込)
発行:マガジンハウス

amazonで購入する

イベント情報

『teamLab exhibit at Audi Forum Tokyo』

2013年12月19日(木)~2014年1月5日(日)
会場:東京都 表参道 Audi Forum Tokyo
休館日:12月29日~1月2日
時間:10:00~19:00
料金:無料

(画像:『チームラボって、何者?』表紙)

  • HOME
  • Book
  • DVD付き書籍『チームラボって、何者?』、代表作8作品の映像も収録

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて