ニュース

雑誌『ユリイカ』が約7年半ぶりに小劇場特集、野田秀樹×岡田利規対談など掲載

小劇場の特集記事「この小劇場を見よ!2013」掲載の芸術評論誌『ユリイカ 2013年1月号』が、2012年12月27日に刊行された。

同誌にとって、2005年以来約7年半ぶりとなる小劇場特集。東京芸術劇場の芸術監督を務める野田秀樹と、チェルフィッチュ主宰の岡田利規による対談をはじめ、作家・演出家のみならず小説家としても活躍する前田司郎のインタビュー、ハイバイ主宰・岩井秀人と作家の西加奈子による対談が掲載されている。

さらに、『第56回岸田國士戯曲賞』の受賞で注目を集めるマームとジプシー主宰・藤田貴大のロングインタビューや椹木野衣と細馬宏通による論考、昨年開催された舞台芸術の祭典『フェスティバル/トーキョー12(F/T12)』公募プログラム参加作家による座談会、41の劇団・ユニットなどを紹介した「この劇団がすごい!2013」などが掲載される。また、寄稿者には桜井圭介、内野儀、森山直人、小澤英実、さやわか、中西理、佐々木敦らが名を連ねている。

『ユリイカ 2013年1月号』

2012年12月27日発売
価格:1,300円(税込)
発行:青土社

amazonで購入する


(画像:『ユリイカ 2013年1月号』表紙)

『ユリイカ 2013年1月号』表紙
『ユリイカ 2013年1月号』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで