ニュース

蓮沼執太の大規模個展『音的』、映像やインスタレーションから音楽の本質を浮き彫りに

蓮沼執太の展覧会『音的』が、2月9日から東京・浅草のアサヒ・アートスクエアで開催される。

同展は、音楽を中心に多角的な実践を展開してきた蓮沼執太の初めての初大規模な個展。「音」という実体のないものを素材とし、作曲という手法を映像、サウンド、立体、インスタレーションなどに応用した約10点の新作が展示される。作家自身が作品の媒体になることによって、「音楽」の本質を浮き彫りにしていくことを目指すという。会場となるアサヒ・アートスクエアの特徴的な空間を蓮沼がどのように読み解き、展示を構成するかも見どころのひとつとなる。

また、会期初日となる2月9日に佐々木敦とのトークイベントが開催されるほか、2月12日には蓮沼と坂田太郎(アサヒ・アートスクエア)によるギャラリーツアー、2月13日に蓮沼と金氏徹平、津田道子、毛利悠子、山城大督(Nadegata Instant Party)によるシンポジウム『新しいフィクション/ドキュメント/その境界 「New Fiction / Document / Border」』が開催される。


蓮沼執太個展
『音的』

2013年2月9日(土)~2月17日(日)
会場:東京都 浅草 アサヒ・アートスクエア
時間:12:00~21:00(2月9日のみ18:00開場)
料金:パスポート500円(会期中再入場可)

『オープニングトーク』
2013年2月9日(土)20:00~21:00
出演:蓮沼執太×佐々木敦(批評家)
※参加にはパスポートが必要

『ギャラリーツアー』
2013年2月12日(火)20:00~21:00
出演:蓮沼執太×坂田太郎(アサヒ・アートスクエア)
※参加にはパスポートが必要

シンポジウム
『新しいフィクション/ドキュメント/その境界 「New Fiction / Document / Border」』
2013年2月13日(水)19:00~21:00
出演:蓮沼執太×金氏徹平×津田道子×毛利悠子×山城大督
※参加にはパスポートが必要

蓮沼執太
『CC OO』[MP3]

価格:3,000円(税込)
4時間半に凝縮された貴重な音楽作品

CINRA STOREで購入する

(画像上から:『have a go at flying from music part 3』 installation view 東京都現代美術館 2012 撮影:後藤武浩、『have a go at flying from music part 3』 東京都現代美術館 2012、蓮沼執太×山田亮太[TOLTA]『 タイム』 [TPAM in 横浜 2012 / TPAM ディレクション/野村政之 ディレクション] KAAT 神奈川芸術劇場 中スタジオ 2012 撮影:後藤武浩、蓮沼執太のスタディーズ 会場風景 アサヒ・アートスクエア2012、『taboo and here (Studies for Asahi Art Square) 2012』 本展発表予定の新作 映像、テキスト)

『have a go at flying from music part 3』 installation view 東京都現代美術館 2012 撮影:後藤武浩
『have a go at flying from music part 3』 installation view 東京都現代美術館 2012 撮影:後藤武浩
『have a go at flying from music part 3』 東京都現代美術館 2012
『have a go at flying from music part 3』 東京都現代美術館 2012
蓮沼執太×山田亮太[TOLTA]『 タイム』 [TPAM in 横浜 2012 / TPAM ディレクション/野村政之 ディレクション] KAAT 神奈川芸術劇場 中スタジオ 2012 撮影:後藤武浩
蓮沼執太×山田亮太[TOLTA]『 タイム』 [TPAM in 横浜 2012 / TPAM ディレクション/野村政之 ディレクション] KAAT 神奈川芸術劇場 中スタジオ 2012 撮影:後藤武浩
蓮沼執太のスタディーズ 会場風景 アサヒ・アートスクエア2012
蓮沼執太のスタディーズ 会場風景 アサヒ・アートスクエア2012
『taboo and here (Studies for Asahi Art Square) 2012』 本展発表予定の新作 映像、テキスト
『taboo and here (Studies for Asahi Art Square) 2012』 本展発表予定の新作 映像、テキスト
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. PEDROのアユニ・Dと田渕ひさ子が語る「音楽が開く心の扉」 1

    PEDROのアユニ・Dと田渕ひさ子が語る「音楽が開く心の扉」

  2. ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断 2

    ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断

  3. 『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい 3

    『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい

  4. 三浦春馬が歌いながらダンスする「グロップ」新CM 振付はs**t kingzが担当 4

    三浦春馬が歌いながらダンスする「グロップ」新CM 振付はs**t kingzが担当

  5. ビリー・アイリッシュ×Bershkaがコラボ、カプセルコレクション発売 5

    ビリー・アイリッシュ×Bershkaがコラボ、カプセルコレクション発売

  6. 伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨が荒れた教室に 『惡の華』メイキング 6

    伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨が荒れた教室に 『惡の華』メイキング

  7. Hump Backが「生活」を歌う理由。人の優しさを信じるために 7

    Hump Backが「生活」を歌う理由。人の優しさを信じるために

  8. 星野源、全楽曲のストリーミング配信が解禁 8

    星野源、全楽曲のストリーミング配信が解禁

  9. 佐久間由衣の主演映画『“隠れビッチ”やってました。』主題歌はKitri新曲 9

    佐久間由衣の主演映画『“隠れビッチ”やってました。』主題歌はKitri新曲

  10. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 10

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る