ニュース

豊田道倫の約3年ぶりソロ名義アルバム『m t v』に川本真琴ら参加、ジャケは梅佳代

豊田道倫のニューアルバム『m t v』が、3月21日にリリースされる。

ソロ名義としては『バイブル』以来、約3年ぶりのアルバムとなる同作。収録楽曲は、昨年リリースされた2枚のEP『The End Of The Tour』『幻の水族館』収録曲の別バージョンなども含む全13曲となる。

プロデュースは豊田自身と宇波拓が共同で手掛け、レコーディングとミックスは宇波が担当。また、マスタリングはイギリスのAbbey Road Studiosで、My Bloody Valentineの新作『m b v』も手掛けたアレックス・ウォートンが担当した。ゲストミュージシャンには川本真琴、佳村萠、じゅんじゅん(ex.MAHOΩ)、のもとなつよ(昆虫キッズ、Solid Afro)、三輪二郎、久下惠生、向島ゆり子が名を連ねている。ジャケット写真は、豊田のライブで受付を担当していたこともある写真家・梅佳代が撮影した。

なお、同作のリリースにあわせて、2005年にHEADZから発表された豊田のアルバム『東京の恋人』が、期間限定の廉価盤としてリリースされる。

リリース情報

豊田道倫
『m t v』(CD)

2013年3月21日発売
価格:2,500円(税込)
WEATHER 058 / HEADZ 176

1. 少年はパンを買いに行く
2. 抱っこ先生
3. 桜空港
4. 赤いイヤフォン
5. 3丁目9番16号
6. ブルーチェア
7. 幻の水族館
8. あいつのキス
9. オートバイ
10. The End Of The Tour
11. City Lights 2039
12. m t v
13. 鈍行列車に乗って

amazonで購入する

リリース情報

豊田道倫
『東京の恋人』期間限定廉価盤(CD)

2013年3月21日発売
価格:2,000円(税込)
WEATHER 024 / HEADZ 63L

amazonで購入する

(画像:豊田道倫『m t v』ジャケット)

豊田道倫『m t v』ジャケット
豊田道倫『m t v』ジャケット
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図