ニュース

熱気帯びる東南アジア8か国の現代美術作家を紹介、『Welcome to the Jungle』展

東南アジアの現代美術を紹介する展覧会『Welcome to the Jungle 熱々!東南アジアの現代美術』が、4月13日から神奈川・横浜美術館で開催される。

多数の宗教が混在し、互いの民族的背景や政治思想の違いを日常的に意識する環境にある東南アジア。同展では、国民総所得が世界第3位になるなど経済成長が急速に拡大しているシンガポールの作家をはじめ、マレーシア、インドネシア、タイ、フィリピン、ベトナム、カンボジア、ミャンマーの8か国の現代美術作家を紹介する。課題を抱えつつも未来を切り開いていこうとする、現在の東南アジアの力強さが感じられる展覧会になるという。

また、会期中にはシンガポール美術館のキュレーターによるトークショーや、カンボジアの作家による映像作品の上映、親子で鑑賞するワークショップなど、イベントも多数開催される。


CINRA.NETでは、『Welcome to the Jungle 熱々!東南アジアの現代美術』の招待券を5組10名様にプレゼントいたします!

コチラのメールフォームから応募情報を入力の上、ご応募ください。当選は、招待券の発送をもって替えさせていただきます(ご応募いただいたメールアドレス(PCのみ)宛にCINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2013年4月10日)

イベント情報

『Welcome to the Jungle 熱々!東南アジアの現代美術』

2013年4月13日(土)~6月16日(日)
会場:神奈川県 横浜美術館
時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
出展作家:
ザイ・クーニン(シンガポール)
リー・ウェン(シンガポール)
ホン・セクチェン(シンガポール)
フランシス・ン(シンガポール)
シャノン・リー・キャッスルマン(シンガポール)
チャールズ・リム(シンガポール)
PHUNK(シンガポール)
イー・イラン(マレーシア)
ナディア・バマダジ(マレーシア)
チャン・ユンチア(マレーシア)
アフマド・フアド・オスマン(マレーシア)
プアン・タイミン(マレーシア)
ロベルト・フェレオ(フィリピン)
ポクロン・アナディン(フィリピン)
スティーヴ・ティロナ(フィリピン)
フランク・カリャガン(フィリピン)
アラフマヤーニ(インドネシア)
ティタルビ(インドネシア)
ムハマッド・ユスフ(インドネシア)
ナウィン・ラワンチャイクン(タイ)
アラヤー・ラートチャムルーンスック(タイ)
トゥン・ルーン(ベトナム)
ジュン・グエン=ハツシバ(ベトナム)
ニェ・レイ(ミャンマー)
ヴァンディ・ラッタナ(カンボジア)
休館日:木曜
料金:一般1,100円 大・高校生700円 中学生400円
※小学生以下無料

『上映&キュレータートーク』
2013年4月14日(日)14:00~16:00(13:30開場)
会場:神奈川県 横浜美術館レクチャーホール
出演:カイルディン・ホリ(シンガポール美術館シニアキュレーター)
上映作品:『爆弾でできた池』(2009、監督:ヴァンディ・ラッタナ)
定員:240名
料金:無料(当日13:00から整理券を配布)

『上映&キュレータートーク』
2013年5月11日(土)14:00~16:00(13:45開場)
会場:神奈川県 横浜美術館アートギャラリー2
講師:宮津大輔氏(現代美術コレクター)
上映作家:
ミン・ウォン
ホー・ツーニェン
アピチャッポン・ウィーラセタクン
ドン・サルバイバ
定員:50名
料金:無料(当日13:00から整理券を配布)
※上映作品は変更になる可能性あり

『学芸員によるギャラリートーク』
2013年4月26日(金)、5月10日(金)、5月24日(金)、6月14日(金)
会場:神奈川県 横浜美術館
時間:14:00~14:30
料金:無料(当日有効の観覧券が必要)

『夜の美術館でアートクルーズ』
2013年4月27日(土)、5月22日(水)19:00~20:45
会場:神奈川県 横浜美術館
定員:30名
料金:3,000円(要事前申し込み)

『おやこで楽しむジャングル展!』
2013年5月5日(日)、5月6日(月・祝)10:30~11:45
会場:神奈川県 横浜美術館
定員:各回10組
対象:小学校3年生以上と保護者
料金:無料(要事前申し込み)

 

(画像上から:ロベルト・フェレオ『バンタイの祭壇』 2007年、合板、木粉と卵殻の混合材、彩色、各h.125×53×15cm、フランク・カリャガン『森の監視』 2008年、インクジェット・プリント、h.41×61cm シンガポール美術館蔵、ホン・セクチェン『温故知新』 2010年、墨、紙、h.138×138cm シンガポール美術館蔵、ザイ・クーニン『リアウ諸島』 2009年、ビデオ(30分) シンガポール美術館蔵、スティーヴ・ティロナ『イメルダ・コレクション#3』 2006年、発色現像方式印画、h.91.5×61cm シンガポール美術館蔵)

ロベルト・フェレオ『バンタイの祭壇』 2007年、合板、木粉と卵殻の混合材、彩色、各h.125×53×15cm
ロベルト・フェレオ『バンタイの祭壇』 2007年、合板、木粉と卵殻の混合材、彩色、各h.125×53×15cm
フランク・カリャガン『森の監視』 2008年、インクジェット・プリント、h.41×61cm シンガポール美術館蔵
フランク・カリャガン『森の監視』 2008年、インクジェット・プリント、h.41×61cm シンガポール美術館蔵
ホン・セクチェン『温故知新』 2010年、墨、紙、h.138×138cm シンガポール美術館蔵
ホン・セクチェン『温故知新』 2010年、墨、紙、h.138×138cm シンガポール美術館蔵
ザイ・クーニン『リアウ諸島』 2009年、ビデオ(30分) シンガポール美術館蔵
ザイ・クーニン『リアウ諸島』 2009年、ビデオ(30分) シンガポール美術館蔵
スティーヴ・ティロナ『イメルダ・コレクション#3』 2006年、発色現像方式印画、h.91.5×61cm シンガポール美術館蔵
スティーヴ・ティロナ『イメルダ・コレクション#3』 2006年、発色現像方式印画、h.91.5×61cm シンガポール美術館蔵
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて 1

    Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて

  2. 綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開 2

    綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開

  3. カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように 3

    カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように

  4. 飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie 4

    飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie

  5. 『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ 5

    『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ

  6. フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点 6

    フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点

  7. 『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も 7

    『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も

  8. のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開 8

    のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開

  9. 石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト 9

    石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト

  10. GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表 10

    GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表