ニュース

スパイラル主催のアートフェス『SICF14』が5月に開催、次世代担う100組を紹介

スパイラルが主催するアートフェスティバル『SICF14』が、5月3日から6日まで4日間にわたり東京・青山のスパイラルホールで開催される。

今年で14回を迎える『SICF(スパイラル・インディペンデント・クリエーターズ・フェスティバル)』は、新人クリエイターの発掘と支援を目的とした公募展形式のアートイベント。絵画、写真、映像、パフォーマンス、プロダクト、建築、ファッションなど、幅広いジャンルから様々なクリエイターが毎年参加している。一般の来場者だけでなく、キュレーターやギャラリスト、アートディレクターなど、アートやデザインの分野で活躍する来場者が多いことから、同イベントでの出会いをきっかけに多くの出展者が新しい活躍の場を掴んでいる。

また、来場者の投票によるオーディエンス賞をはじめ、各審査員賞、準グランプリ、グランプリなどが、全100組の出展者の中から選出される。審査員には浅井隆(有限会社アップリンク社長、『webDICE』編集長)、後藤繁雄(編集者、クリエイティブディレクター)、佐藤尊彦(ビームス販売促進プレス)、紫牟田伸子(編集家)、岡田勉(スパイラルチーフキュレーター)が名を連ねている。出展者などの詳細はオフィシャルサイトで確認しよう。

CINRA.NETでは、東京・青山のスパイラルホールで行われる『SICF14』に5組10名様をご招待いたします!

コチラのメールフォームから応募情報を入力の上、ご応募ください。当選は、招待券の発送をもって替えさせていただきます(ご応募いただいたメールアドレス(PCのみ)宛にCINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2013年4月25日)

イベント情報

『SICF14』

A日程:2013年5月3日(金・祝)~5月4日(土・祝)
B日程:2013年5月5日(日)~5月6日(月・祝)
会場:東京都 青山 スパイラルホール
時間:11:00~19:00
審査員:
浅井隆(有限会社アップリンク社長、『webDICE』編集長)
後藤繁雄(編集家、クリエイティブディレクター)
佐藤尊彦(株式会社ビームスプレス)
紫牟田伸子(デザインプロデューサー、ジャーナリスト)
岡田勉(スパイラルチーフキュレーター)
料金:1日券 一般700円 学生500円

 

(画像:『SICF14』ロゴ)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像