ニュース

矢口史靖×三浦しをんの林業青春映画『WOOD JOB!』に染谷将太、長澤まさみ、伊藤英明

矢口史靖監督の新作映画『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』が、2014年に全国公開される。

三浦しをんの小説『神去なあなあ日常』をもとに制作される同作は、『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』『ロボジー』などで知られる矢口監督の最新作。男だけのシンクロナイズドスイミングや女子高生によるビッグバンド、航空業界、ロボットに入った老人など、ユニークなエンターテインメント作品を生み出してきた矢口監督が、林業をテーマに据えた青春ストーリーを描くという。

高校卒業後に山奥の村で林業に従事することになった18歳の少年・勇気役を染谷将太が演じるほか、ヒロイン・直紀役を長澤まさみ、「林業の天才」「荒ぶる山の神」とも称される男・ヨキ役を伊藤英明が演じる。

同作の主演を務める染谷は、「林業も全く馴染みの無い世界で、チャレンジの多い初めてづくしの撮影になりますが、山で実際に生活して純粋に感じたものをそのまま伝えていけたらと思います。そして、映画の神が降りてくるのを感じるように山の神が降りてくるのを感じたいです」とコメント。また、長澤は「染谷さんとは初共演ですが、出演作をいくつか拝見していて、とても力強い印象があります。ご一緒できるのが今から楽しみです。彼のパワーに負けないよう頑張ります」と意気込みを語っている。

矢口監督は、「昨年2月頃から取材を始め、林業作業を傍らでじっと観察し、林業の面白さ、携帯の電波も繋がらない田舎の凄さをたっぷりと体験してきました。楽しいのはもちろん、今までにない『野趣』溢れるワイルドな映画にしたいと思います。そして、最後にはものすごいクライマックスが…!! 是非お楽しみに!」と構想を明らかにしている。三浦しをんと伊藤英明のコメントもオフィシャルサイトで公開されているので、あわせてチェックしてみよう。

イベント情報

『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』

2014年に全国公開
監督・脚本:矢口史靖
原作:三浦しをん『神去なあなあ日常』(徳間書店)
出演:
染谷将太
長澤まさみ
伊藤英明
配給:東宝

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

映画『サラバ静寂』予告編

1月27日公開の映画『サラバ静寂』予告編が届いた。音楽が無料で手に入ったり音楽フェスが溢れる音楽飽和時代に、なぜ「音楽が禁止された世界」を描くのか? 現代から考えれば、ある意味ではSFともいえる作品かもしれないけど、現代だからこそ、たくさんの人が見る意味のある作品だと思う。SUMIREの初演技にも要注目。(川浦)

  1. 15歳で集団性的暴行を受けた女性の手記を映画化、『私は絶対許さない』特報 1

    15歳で集団性的暴行を受けた女性の手記を映画化、『私は絶対許さない』特報

  2. TWICEを『ラブライブ!』京極尚彦がアニメ化 新曲“Candy Pop”PV公開 2

    TWICEを『ラブライブ!』京極尚彦がアニメ化 新曲“Candy Pop”PV公開

  3. KOHH、PUNPEE、ECD、ANARCHYら60組超撮影 21世紀の日本ヒップホップ写真集 3

    KOHH、PUNPEE、ECD、ANARCHYら60組超撮影 21世紀の日本ヒップホップ写真集

  4. 『カウボーイビバップ』全26話をオールナイトで一挙上映 放送20周年記念 4

    『カウボーイビバップ』全26話をオールナイトで一挙上映 放送20周年記念

  5. 映画『空海』高橋一生、吉田羊ら吹替声優の声が初公開 RADWIMPS挿入歌も 5

    映画『空海』高橋一生、吉田羊ら吹替声優の声が初公開 RADWIMPS挿入歌も

  6. toconomaが仕事とバンドを両立する訳と、守り続ける放課後感 6

    toconomaが仕事とバンドを両立する訳と、守り続ける放課後感

  7. 『ベイビー・ドライバー』爆走絶叫上映 冒頭7分はスタンディング推奨 7

    『ベイビー・ドライバー』爆走絶叫上映 冒頭7分はスタンディング推奨

  8. ONE OK ROCKは下の世代に提案する。夢を持ち続け、叶えること 8

    ONE OK ROCKは下の世代に提案する。夢を持ち続け、叶えること

  9. ビートルズやボウイら「レジェンド」描く norahi個展『BIBLE』 9

    ビートルズやボウイら「レジェンド」描く norahi個展『BIBLE』

  10. 放浪の音楽家Caravanが語る、ステレオタイプな音楽活動への疑問 10

    放浪の音楽家Caravanが語る、ステレオタイプな音楽活動への疑問