ニュース

ピート・タウンゼントが幼少期から栄光と苦悩、制作秘話や事件真相まで綴る大作自伝

ピート・タウンゼント(The Who / Gt)の半生を綴った自伝『ピート・タウンゼンド自伝 フー・アイ・アム』が、8月26日に刊行された。

1945年にイギリス・ロンドンで生まれ、1964年に結成されたThe Whoのリードギタリスト兼メインソングライターとしてロック史に大きな軌跡を残したピート・タウンゼント。

執筆に15年以上を費やしたという同書では、この世を去ったThe Whoの元メンバーたちへの想いや、ミック・ジャガーやジミ・ヘンドリックスらとの交流、『ロックオペラ「トミー」』『四重人格』など当時革新的だった作品群の制作秘話をはじめ、両親や幼少期の思い出、ロックスターとしての栄光と苦悩、アルコール中毒の苦しみ、2003年に児童ポルノ法で逮捕された事件の真相、さらに近年の活動まで、2段組464ページという読み応えのあるボリュームで綴られている。また、16ページにわたるカラーページではタウンゼンドの歴史を振り返る写真も掲載されている。

書籍情報

『ピート・タウンゼンド自伝 フー・アイ・アム』

2013年8月26日発売
著者:ピート・タウンゼンド
翻訳:森田義信
価格:3,990円(税込)
発行:河出書房新社

amazonで購入する

(画像:『ピート・タウンゼンド自伝 フー・アイ・アム』表紙)

『ピート・タウンゼンド自伝 フー・アイ・アム』表紙
『ピート・タウンゼンド自伝 フー・アイ・アム』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開