ニュース

日本初上演のファスビンダー問題作に緒川たまき出演、音楽は石橋英子とぎりぎり達

千木良悠子が主宰する劇団SWANNYの第5回公演となる音楽劇『ゴミ、都市 そして死』が、10月25日から東京・新宿の紀伊國屋ホールで上演される。

同公演はニュージャーマンシネマの旗手として戦後ドイツ社会の矛盾を鋭くえぐる作品を次々と発表した映画監督・脚本家のライナー・ヴェルナー・ファスビンダーの問題作として知られる戯曲を、SWANNYにとって初めての翻訳劇として上演するもの。なお、同作が日本で上演されるのは今回が初となる。

キャストには緒川たまきをはじめ、伊藤ヨタロウ、横町慶子、仁科貴、羽鳥名美子(毛皮族)らが名を連ねている。音楽はSWANNYの過去公演と同じく石橋英子が担当。ジム・オルークらによるバンド「ぎりぎり達」を率いてのライブ演奏に加え、様々な音の仕掛けが用意されているという。チケットは現在発売中。

イベント情報

SWANNY 第5回公演
『ゴミ、都市そして死』

2013年10月25日(金)~10月27日(日)全4公演
会場:東京都 新宿 紀伊國屋ホール
作:ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー
演出:千木良悠子
翻訳:渋谷哲也
音楽・演奏:石橋英子 with ぎりぎり達 feauturing 長左棒茄子(ジム・オルーク、山本達久、坂口光央、須藤俊明)
出演:
緒川たまき
羽鳥名美子(毛皮族)
小林麻子
安元遊香(Saliva)
たにぐちいくこ
横町慶子
猫田直
仁科貴
金子清文
宮崎吐夢
川瀬陽太
石川ゆうや
富川一人(はえぎわ)
中村祐太郎
高松呼志響
濱田真和
竹林林重郎(劇団竹)
河井克夫
伊藤ヨタロウ
料金:前売4,800円 当日5,300円
※10月26日(土)16:00講演は翻訳家・渋谷哲也、柳下毅一郎ほか出演のシンポジウムあり

(画像:SWANNY 第5回公演『ゴミ、都市そして死』チラシ)

SWANNY 第5回公演『ゴミ、都市そして死』チラシ
SWANNY 第5回公演『ゴミ、都市そして死』チラシ
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー 1

    インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー

  2. 岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も 2

    岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も

  3. 柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化 3

    柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化

  4. 岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開 4

    岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開

  5. 梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も 5

    梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も

  6. 性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎 6

    性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎

  7. 朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら 7

    朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら

  8. 『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら 8

    『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら

  9. 文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太 9

    文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太

  10. 永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今 10

    永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今